レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

夏も常温が基本!夏に飲みたいオススメドリンクを紹介

公開日:2016/07/24 / 最終更新日:2016/07/24

城野 親徳城野 親徳総院長

暑い日が続くと、つい冷たい飲み物ばかりをとってしまうというという方も多いのではないでしょうか。冷たい飲み物を飲んでリフレッシュしたい!という気持ちはわかりますが、冷たい飲み物ばかり飲むことは美容の大敵です。
そこで今回は、冷たい飲み物が美容に与える影響と夏に飲みたいオススメのドリンクをご紹介します。

冷たい飲み物は代謝を下げる

なぜ夏に冷たい飲み物ばかり飲むと美容に悪影響が出るのでしょうか。最も大きな原因は代謝の低下です。冷たい飲み物ばかり飲んでいると体の内側から冷えが進んでいきます。体の内側、つまり内臓が冷えてしまうことで血流が滞りがちになり、それが代謝の低下につながるのです。健やかなお肌をキープするには、安定した代謝は欠かせません。
血流が滞れば、お肌の健康に必要な栄養素を十分に行き渡らせることができなくなります。冷たい飲み物の摂り過ぎで代謝不が落ち肌のターンオーバーが乱れで古い角質がいつまでも残ってしまうということが夏には起こりがちなのです。

夏も常温が基本!

体の内側からの冷えを防ぐには、夏でも基本的には常温の飲み物をとるといった心がけが大切です。
夏はたくさんの汗をかきます。冷たい飲み物は少量でも喉が潤った気になってしまうため、体に必要な水分を補給しきれないということも。
常温の飲み物は、少量ずつたくさん飲むことができるので、お肌だけでなく、体の健康のためにも効果的です。

しかし、いつでも常温の飲み物が適しているというわけではありません。運動後や長時間太陽の下で活動した後など体が高温になっているときは、冷たい飲み物で熱を冷ましてあげてくださいね。

レモネードでビタミン補給!

夏の疲れたお肌に必要なのはやはり「ビタミンC」です。そこでオススメしたいのがレモネード。
レモン1個分の果汁をミネラルウオーターか炭酸水に入れるだけというお手軽さもオススメの理由です。レモンでなく、オレンジやグレープフルーツで作っても美味しくいただけます。

スムージーなら栄養もバッチリ!

野菜や果物を丸ごとミキサーにかけて作るスムージーは、ビタミンCだけでなく、他の栄養素も摂ることができます。
葉物野菜と果物をその日の気分に合わせてお好みでブレンドして作ってみましょう。
オススメは抗酸化作用のあるバナナやハチミツを加えること。豆乳や牛乳を加えてマイルドな飲み心地にするのもいいですね。

冷房で冷えた体にはホットドリンクを

夏は外は暑いのに室内は寒いくらいに冷房がかかっているということも珍しくありません。冷房の効いた室内に長時間いた日は、ホットドリンクで体の内側から温めてあげましょう。温めた豆乳にハチミツを加えたドリンクは飲みやすいので、オススメです。美容に効果的な甘酒も温めて飲みたいドリンクです。

冷たい飲み物が美容に与える悪影響と夏に飲みたいオススメのドリンクをご紹介いたしました。美肌に効果的なドリンクばかりですが、くれぐれも冷やしすぎることのないよう注意してくださいね。体の芯の冷えを防ぎ、健康な肌を保ちましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422