レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

食欲の秋! 美容のために取り入れたい秋の味覚

公開日:2019/11/26 / 最終更新日:2022/02/01

中川 桂中川 桂先生

食欲の秋! 美容のために取り入れたい秋の味覚

「食欲の秋」という言葉があるほど、秋は食欲が増進し、美味しい食材が出回る季節です。せっかくなら、美味しいだけでなく美容にもよい食材を食べたいもの。ここでは、美容のために取り入れたい秋の味覚をご紹介します。

■美容に効く秋の味覚

・サンマ

漢字で書くと「秋刀魚」となることからも分かるように、サンマは秋の味覚の代名詞です。脂がのり美味しいだけでなく、貧血に効果があるビタミンB12や、抗酸化作用があり若返りの効果があると言われるビタミンEなど、女性に嬉しいビタミンが多く含まれています。
また、添え物に酢橘やカボスなどの柑橘類を添えることで、美白に効果があるビタミンCも同時に摂ることができます。

ビタミン以外にも、タンパク質や血液をサラサラにするDHAなど、体によい成分が多く含まれているため、ダイエット中の方にもお勧めです。

・サツマイモ

食物繊維が豊富なサツマイモには、腸内環境を整え代謝を促してくれる効果があります。サツマイモにはリンゴの4倍ともいわれるビタミンCが含まれており、でんぷんの含有量が多いため、加熱してもビタミンCが失われないのも特徴です。

また、紫芋にはアントシアニンと呼ばれるポリフェノールが含まれているため、抗酸化作用も期待できます。

・マイタケ

低カロリーながら食べ応えがあるため、ダイエット食としてもぴったりです。食物繊維によるデトックス、ビタミンB2による美肌効果、カリウムによるむくみ解消など、さまざまな効果が期待できるマイタケは、まさに美容のための食材ということができるでしょう。
マイタケ以外にもシメジやしいたけなど、キノコ類は美容効果が高いものが多く、積極的に取り入れたい食材です。ただし、食べすぎはお腹を下す危険もあるので、適量を心掛けてください。

・柿

「柿が赤くなれば医者が青くなる」ということわざがあるほど、柿には豊富な栄養が含まれています。代表的なものはカリウム、ビタミンC、ベータカロテンなどで、特にビタミンCは柿1つで一日分の推奨摂取量がまかなえるほどです。
ビタミンC、ベータカロテンなどは美肌を作るうえで欠かせない成分なので、一日ひとつを目安に、柿を摂るとよいでしょう。

干し柿にすることでカリウムとベータカロテンが増えるので、むくみが気になる方は生柿よりも干し柿がお勧めです。

秋は美味しいだけでなく、美容にも効果的な食材が数多くある季節です。紹介したもの以外にも美容に良い食材はたくさんあるので、バランスの取れた食事を心掛けながら、秋の味覚を日々の食事に摂り入れてみてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

中川 桂

中川 桂先生なかがわ かつら

シロノクリニック恵比寿

お一人おひとりの価値観や美に対する意識が異なります。 患者様のご要望をお伺いし、理想的かつナチュラルな美しさを最大限に引き出す美容治療の提供を心がけ、たるみ治療・シミ治療をと得意としています。

中川 桂先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422