レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

毛穴開き改善に一役買ってくれる化粧品

公開日:2016/10/04 / 最終更新日:2020/12/18

城野 親徳城野 親徳総院長

毛穴開き改善に一役買ってくれる化粧品

この記事の目次

  • 毛穴開きの改善は角質層がカギ
  • セラミド配合の基礎化粧品を選んで毛穴開きを改善
  • 「収れん化粧水」毛穴を引き締める
  • ケア化粧品のつけすぎは逆効果

毛穴開きの改善は角質層がカギ

毛穴が開く原因は、角質層の潤い不足にあります。角質層とは、肌の一番上の層であり、上段から皮脂膜、角質細胞間脂質、天然保湿成分(NMF)から成っています。角質層の主な機能としては、肌表面の吸水と保水です。しかし、乾燥や紫外線ダメージ、体調の変化によって角質層は潤いを失ってしまいます。角質層が乾燥してしまった場合、潤いを取り戻そうと毛穴から皮脂が分泌されるのです。

皮脂は毛穴が開くことで分泌されるため、皮脂の分泌が加速すると、毛穴の開きが目立つようになります。そのため、毛穴開きを改善するためには、角質層の潤いを保つことが課題となるのです。

セラミド配合の基礎化粧品を選んで毛穴開きを改善

角質層の理想的な水分バランスは、角質細胞間脂質が80%、天然保湿成分が18%、皮脂膜が2%です。角質層の潤いを保つためには、層の中でも最も水分比率の高い「角質細胞間脂質」の水分量や保水力をアップさせることが重要。
角質細胞間脂質の主成分は、水分を肌の奥に引き込み保湿する作用をもつ「セラミド」です。そのため、普段のスキンケアで使用する化粧品には、セラミドが配合されたアイテムを選びましょう。毎日のケアで角質層が潤うことで、毛穴の開きにくい肌をつくることが可能です。

「収れん化粧水」毛穴を引き締める

毛穴開きを改善させるためには、角質層に水分を与えるだけでなく、皮脂を抑え、毛穴を引き締めることも重要。そのため、毛穴の引き締めには、皮脂の分泌を抑え、肌のキメを整える「収れん化粧品」が有効です。

収れん化粧品には、「ハマメリスエキス」や「コショウソウ芽エキス」、「塩化ナトリウム」「アルコール」などの成分が主に含まれています。 しかし、これらの成分の中でも「アルコール」は肌への刺激が強いため、敏感肌や乾燥肌、加齢肌の方が使用する場合には注意が必要です。

ケア化粧品のつけすぎは逆効果

毛穴開きに有効な化粧品も、つけ過ぎてしまうと毛穴のつまりを引き起こし、毛穴開きをさらに助長させてしまうことがあります。基礎化粧品の中でも乳液やクリームなどは適量を守り、つけすぎには十分注意しましょう。正しい量を使用して、毛穴の目立たない陶器肌を目指しましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422