レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

夏にオススメの化粧水は? 化粧水選びのポイントや使い方

公開日:2017/07/28 / 最終更新日:2022/09/12

徳永 真理徳永 真理先生

夏にオススメの化粧水は? 化粧水選びのポイントや使い方

気温や湿度の高さ・紫外線によるダメージ・冷房による乾燥など、さまざまな要素が絡まり肌にトラブルが現れてしまいやすい夏。デリケートな夏の肌を守るためには、肌の状態に合った化粧水を選ぶことも大切なポイントのひとつです。

夏の乾燥に欠かせない「柔軟化粧水」の特徴や使い方

柔軟化粧水とは、肌に水分を与えることを目的とした化粧水のこと。特別な表記の無い一般的な普段使いの化粧水は、ほとんどがこの柔軟化粧水に当たります。
柔軟化粧水は洗顔によって失われた水分を素早く補い、肌を柔らかく滑らかに整える効果があるものなので、肌質や季節に関係なく必ず1本は持っておきたい化粧水です。
ただ、柔軟化粧水は肌へ潤いを与えることはできますが、潤いを保つ効果はないためそのままでは与えた水分は蒸発してしまいます。柔軟化粧水を使用した後は必ず乳液やクリームなどを使い、水分を保持するケアを行っていきましょう。

皮脂を抑え、夏のテカリ・化粧崩れを予防する「収れん化粧水」の特徴と使い方

収れん化粧水とは、肌の引き締め効果を目的とした化粧水。アルコールが含まれているため皮脂の分泌を抑える効果があり、ニキビやオイリー肌の予防・改善に効果的です。
収れん化粧水は夏場のテカリをケアする効果も高いため、夏にオイリー肌になる傾向が強い場合には積極的に使っていくのがお勧め。皮脂量をコントロールし化粧崩れを予防してくれる効果もあるので、メイク崩れが起きやすい夏場は重宝する化粧水といえるでしょう。
ただ、収れん化粧水はアルコールが多く含まれており刺激が強いため、乾燥肌や敏感肌の方は使用を控えるのがベター。頬や目元・口元などの乾燥しやすい部分にもなるべく付けないよう気をつけましょう。

夏に気になる毛穴や角質の汚れに効果!「拭き取り化粧水」の特徴や使い方

拭き取り化粧水とは、肌の余分な皮脂や汚れを取り除くために使われる化粧水。夏に気になる毛穴や角質の汚れ、日焼け止めの残りによるくすみのケアにも効果的です。拭き取り化粧水は洗顔後にコットンに浸して使用し、使用後は必ず柔軟化粧水によって保湿ケアを行う必要があります。
しかし拭き取り化粧水はエタノールが配合されている商品が多いため、毎日使うのではなく肌の調子を見ながら使用していきましょう。

ぜひ肌の状態に合う、お気に入りの夏の化粧水を見つけてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

徳永 真理

徳永 真理先生とくなが まり

シロノクリニック銀座

「手術をしない美容医療によって、美しくすることができる」ところに魅力を感じて、美容皮膚科へ。注入箇所・量、デザインの精密な見極めが要求される、ボトックスやヒアルロン酸注入を得意としています。シロノクリニックのリーダー的存在、全治療のエキスパートです。

徳永 真理先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック銀座院

シロノクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング 4階

0120-99-7474