レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

栄養豊富で低カロリー! 旬の夏野菜でダイエット

公開日:2017/02/19 / 最終更新日:2019/08/22

牧野 輝美牧野 輝美先生

栄養豊富で低カロリー! 旬の夏野菜でダイエット

暑い夏は体温が上がりやすいため、体内で熱を生み出す代謝の働きが低下します。代謝が下がると食べたものは体脂肪になりやすく、ついた体脂肪は燃焼されづらくなるもの。つまり、夏の身体は太りやすいくなっているのです。

だからと言って食事の量を減らせば、夏バテにつながります。
きちんと栄養を摂りながら、カロリーを控え目にするのが夏太りを防ぐコツ。
そんな夏のダイエットに積極的に取り入れたいのが、旬の夏野菜たちです。

ダイエットに取り入れたい夏野菜

野菜というのは栄養価が高いものですが、特に旬の時期のものは、他の時期の同じ種類の野菜と比べても含まれる栄養素の量が増加することがわかっています。夏に夏野菜を食べることで、不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養素をたっぷりと補給することができます。

カラフルな夏野菜たちは見た目にも満足感が高い上に、たくさん食べても低カロリー。ダイエットに欠かせない食物繊維もたっぷりと摂れますよ。

そんな夏野菜の中でも、特にダイエット効果が期待できるものをいくつかご紹介します。

・トマト
高い健康効果や美容効果で注目されるトマトには、ダイエット効果もあります。トマトには脂肪を燃焼させる効果をもつ脂肪酸が含まれていることが最近の研究で発見されています。また、リコピンには血液をサラサラにして血流を良くする効果もあるため、夏に低下しがちな代謝を高めることにも役立ちます。

・ナス
食べ応えがあって美味しいナスは、9割以上が水分なのでとても低カロリー。ダイエット中には嬉しい食材です。栄養価は低いといわれることが多いですが、ビタミン類やミネラル類、それに豊富な食物繊維を含んでいます。また、ポリフェノールが豊富なので肌のエイジングケアにも。

・ピーマン
ピーマンにはβカロテンやビタミンCがたっぷり。不足しがちなビタミンをしっかりと摂ることができます。栄養価で選ぶなら、緑のピーマンより赤ピーマンの方がおすすめです。ダイエットに取り入れる時にはサラダにしたり野菜ジュースにしたりと生でいただくのがお勧めです。

・オクラ
いろいろな料理に使えて低カロリーなのが魅力なオクラ。カルシウムやビタミンC、Eのほか、カリウムが含まれているためむくみ解消にも役立ちます。水溶性食物繊維の「ペクチン」が含まれていて、糖の吸収を抑えてくれる効果も。

このほかにも、レタスやトウモロコシ、きゅうり、ゴーヤなどの夏野菜もダイエットにぴったりです。旬の野菜を食事に取り入れて、健康にキレイにダイエットしましょう!

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-96-5454