レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

ダイエット中でもOK!小腹を満たすフローズンフルーツを食べよう

公開日:2016/12/26 / 最終更新日:2016/12/26

城野 親徳城野 親徳総院長

ダイエット中は、間食NG!カロリー制限を徹底!など、どうしてもストイックになりがち。しかしあまりにも我慢をし過ぎてしまうとそれがストレスとなってかえってダイエットの妨げになってしまうこともあります。
ダイエット中でもほどよく間食や小腹を満たして、ストレスフリーを目指しましょう。そこでオススメなのが「フローズンフルーツ」。
今回は、ダイエット中に取り入れたいフローズンフルーツの嬉しい効果についてご紹介いたします。

ダイエット中に食べたいフローズンフルーツの3つの効果

・食べ過ぎを抑えてくれる
ダイエット中に食べてもOKとされている低カロリーな食材はいろいろありますが、「少しだけ…」というつもりでもついつい食べ過ぎてしまいがち。しかし、フローズンフルーツなら硬さもあるので、食べ応えもたっぷりです。
しっかり噛むことで満足感が得られるので、少量でもたくさん食べたような感覚をゲットすることができます。

・栄養価がアップ
ダイエットしていると栄養のバランスが偏りがちになってしまいますが、フローズンフルーツを食べることで、しっかりと栄養をとることができます。さらにフローズンフルーツは、生のフルーツよりも栄養価が高いのも嬉しいポイント。ビタミンCやアントシアニンなどが増えるので、美容効果も期待できます。

・大好きなアイスクリームの代わりにも
冷たくて甘いアイスクリームはダイエット中の敵!それでもやはりアイスクリームが大好きという方も多いでしょう。しかし、フローズンフルーツならアイスのような食べ心地なのに低カロリーなので、罪悪感なく口にすることができます。

ダイエット中にはこのフルーツがオススメ!

・ブルーベリー
ブルーベリーにはアントシアニンが豊富で、美容効果の高いポリフェノールもたっぷり。凍らせることでたくさん食べられます。

・キウイ
ビタミンCが豊富で酵素もたっぷりのキウイもダイエット中にオススメ。一口大にカットしたものを保存袋に入れて冷凍しましょう。

・バナナ
甘みがたっぷりで、スイーツを食べているようにも感じることができるバナナ。しかし1本食べるとカロリーが気になるという方もいるでしょう。そんなときに冷凍バナナがピッタリ。噛みごたえがアップするので、少量で満足することができますよ。

新鮮なものを冷凍しよう!

フレッシュフルーツは、日数が経つにつれて鮮度はドンドン落ちていきます。フローズンフルーツを作る時には、なるべく新鮮なものを購入して、新鮮なうちに冷凍することが大切です。バナナやマンゴーなど追熟が必要なものは、柔らかく食べごろになってから冷凍すると栄養かも十分ですよ。

美味しく食べることのできるフローズンフルーツ。そのままパクッと口にするのもOKですが、ミキサーに」かけてスムージーにするのもオススメです。食べ方に工夫してダイエットの強い味方として取り入れていきましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422