レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

座ったままでOK「こっそり脚痩せ運動」5選

公開日:2016/07/24 / 最終更新日:2016/07/24

城野 親徳城野 親徳総院長

どんなに「このお肉、なんとかしたい!」と願ってもなかなか消えてなくなってくれないのが、太ももやふくらはぎなどの下半身まわりのぜい肉です。
人間の身体には、「脂肪を消費する細胞」と「脂肪を蓄積する細胞」の2種類がありますが、子宮などの大事な臓器を守るために、女性の下半身には脂肪を蓄積する細胞が多めに配置されています。そのため、女性は頑固なぜい肉が積み重なってしまいがちです。
そのぜい肉を、座った状態のままでダイエットさせる方法をご紹介します。

人間の身体には「脂肪を消費する細胞」と「脂肪を蓄積する細胞」の2種類がありますが、子宮などの大事な臓器を守るために、女性の下半身には脂肪を蓄積する細胞が多めに配置されています。
そのため、女性は頑固なぜい肉が積み重なってしまいがちです。そのぜい肉を座ったままでダイエットさせる方法をご紹介します。

座ったままできる下半身痩せストレッチ5選

健康的な美脚を目指すならジムなどでトレーニングを受けるか、ウォーキングなどが必要だとわかっていても、「忙しいしちぇっと面倒」というのが女性の本音でしょう。
でも下半身の引き締めは、そんなに構えて行う必要はないのです。自宅やオフォイスで簡単に取り組める、座りながら脚痩せ運動法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。どれも簡単に取り組めるものばかりです。

1.内腿引き締めストレッチ
座ったままピッタリ合わせた太ももの間にスマホを挟み、ギューっとふくらはぎをくっつけて30秒キープを繰り返します。

2.ふくらはぎ引き締めストレッチ
太ももをピッタリ合わせて椅子に浅めに座り、かかとを上げてふくらはぎに力を入れたまま10秒キープを繰り返す。

3.足首キュッとストレッチ
椅子に座ってつま先を床につけたままかかとを上げて、かかとを左右に10回ほどクルクル回します。そして、次にかかとを床につけてつま先をあげて、つま先を左右に10回ほどクルクル回すことを繰り返します。

4.座ったままヒップアップストレッチ
椅子に姿勢を正して座り、ギューッとお尻の穴に内側に向かって力を入れて30秒キープを繰り返します。

5.太ももスッキリストレッチ
椅子に深く腰掛けて、片足ずつ足を水平に上げて膝から足首までをしっかり伸ばし、5秒キープを繰り返す。

30~40代の女性は家事や育児、仕事などの忙しさから運動不足気味ですし、加齢によって体の代謝機能が低下していて、下半身太りを起こしやすい傾向があります。
普段から運動習慣がない場合は、いくら「運動しなくっちゃ!」と張り切ってトレーニングウェアに身を包んでも、なかなか長続きしないのが現実です。

身体の気になる部分の引き締めには、激しい運動よりも習慣的で継続的なストレッチの方が、脚痩せ効果が期待できます。
自宅でテレビを見ている合間に、オフィスで1枚書類をタイピングする合間にこっそり努力して周りを驚かせましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422