レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

薄着になる前に要チェック! 膝の黒ずみを解消するケア方法

公開日:2019/10/28 / 最終更新日:2022/02/01

中川 桂中川 桂先生

薄着になる前に要チェック! 膝の黒ずみを解消するケア方法

暖かくなると肌を露出する機会が増えてきますが、そんなときに気をつけたいのが膝の黒ずみです。丈の短いスカートやパンツを履いたときに膝が黒ずんでいては、自分の気持ちも沈んでしまうもの。キレイな膝でファッションを楽しむために、黒ずみの原因と改善方法をご紹介します。

膝の黒ずみの原因

刺激による色素沈着

膝立ちをする機会が多い方、皮膚を刺激するようなボトムを履いている方は、膝が黒ずみやすくなります。膝が圧迫や摩擦などの刺激を受けると、炎症が生じるとともにメラニンが作られ色素沈着を起こしてしまうのです。色素沈着の原因になるメラニンは、紫外線だけでなく刺激によっても作られるため注意が必要です。

乾燥・お手入れ不足

膝を手で触ると、ガサガサ・ゴワゴワしていませんか? 皮膚がそのような状態の方は、乾燥やお手入れ不足が膝の黒ずみの原因かもしれません。肌の水分量が少なくなっていたり古い角質が蓄積したりしていると、透明感のない黒ずんだ膝になってしまいます。

膝の黒ずみ改善テクニック

まずは角質ケアから

膝の肌がゴワついているなら、古い角質を取り除くケアから始めましょう。まずはお風呂で湯船にゆっくり浸かり、ゴワついた膝の肌を柔らかくします。
その後、ボディスクラブやピーリング剤を使って、古い角質を除去しましょう。角質ケアをすることで肌のターンオーバーとメラニンの排出が促進され、黒ずみの改善につながります。
ただし、過度の角質ケアはかえって肌に負担を与えてしまいます。スクラブやピーリングは、多くても週に1回程度にしましょう。

保湿ケアは毎日続けて

柔らかく透明感のある膝を保つためには、保湿ケアが欠かせません。お風呂上がりにはボディクリームやオイルなどをなじませて、潤いを保ちましょう。肌が乾いていないうちに保湿剤をなじませることが、水分を逃さないためのポイントです。

メラニンによる黒ずみには色素沈着ケアを

肌が柔らかいのに黒ずんでいる場合は、メラニンによる色素沈着が起こっています。その場合は、メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体配合の『ドクターシーラボ 薬用ボディ・ピンク』を使うことをお勧めします。シアバターも配合されているので、乾燥によるカサつきやゴワつきを解消してくれます。

膝の黒ずみを防ぐためには、膝への刺激を減らすことも大切です。適切なケアをおこなうとともに、膝を圧迫するような体勢・服装をできるだけ避けて、透明感のある膝をキープしましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

中川 桂

中川 桂先生なかがわ かつら

シロノクリニック恵比寿

お一人おひとりの価値観や美に対する意識が異なります。 患者様のご要望をお伺いし、理想的かつナチュラルな美しさを最大限に引き出す美容治療の提供を心がけ、たるみ治療・シミ治療をと得意としています。

中川 桂先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422