レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

皆悩んでいる? デリケートゾーンの黒ずみ改善方法

公開日:2017/11/21 / 最終更新日:2019/08/19

笠井 美貴子笠井 美貴子先生

皆悩んでいる? デリケートゾーンの黒ずみ改善方法

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は意外と多いです。そこで今回は、人には聞きにくいデリケートゾーンの黒ずみ改善方法について詳しくご紹介します。

デリケートゾーンが黒ずむ原因

≪摩擦≫

デリケートゾーンが黒ずんでしまう一番の原因が、下着や生理用品などによる摩擦です。下着やナプキンがこすれて刺激が加わると、肌を守るためにメラニンが作られ、黒ずんでしまいます。

≪間違ったムダ毛処理≫

デリケートゾーンのムダ毛を無理に抜いたり剃ったりしていると、皮膚や毛穴に炎症が発生します。炎症がひどいと摩擦の時と同じようにメラニンが作られ、黒ずみができてしまうのです。

≪ターンオーバーの遅れ≫

年齢を重ねると新陳代謝が衰えて、肌が黒ずみやすくなります。ターンオーバーが遅れることで摩擦や炎症によるメラニンが残りやすくなり、黒ずみが悪化してしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみ改善ケア

≪弱酸性の石けんで優しく洗う≫

デリケートゾーンの皮膚は、比較的薄いといわれている目元の皮膚よりも薄くなっています。そのため洗浄時にゴシゴシと洗うのは厳禁。刺激の少ない弱酸性の石けんをしっかり泡立てて、顔と同じように優しく洗いましょう。

≪デリケートゾーン専用の美白化粧品を使う≫

黒ずみ解消にはメラニンを抑制し、排出を促す美白化粧品が有効です。しかし顔用の美白化粧品にはアルコールなどの添加物が含まれているため、デリケートゾーンにはあまり適していません。できるだけデリケートゾーン専用の美白化粧品を使うように心掛けましょう。

≪下着を変える≫

デリケートゾーンは常に下着と密着しています。そのため、表面が粗い合成繊維の下着や、締め付けるような下着は黒ずみの原因となります。綿やシルクなどの天然繊維を使ったもの、なおかつボディラインに負担を与えない下着を身につけるようにしましょう。また、生理用のナプキンも通気性が良く肌に刺激を与えない敏感肌用を選びましょう。

≪肌に優しいムダ毛処理を行う≫

デリケートゾーンのムダ毛を処理する際は、他の部位よりも丁寧かつ優しく行うことが大切です。しかしいくら丁寧に処理をしていても、デリケートゾーンの皮膚は薄く、負担がかかりがちです。セルフでの処理に負担を感じているなら、クリニックなどでの脱毛を検討しましょう。

黒ずみのお悩みの方は、ぜひこれらの方法を試してみてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

笠井 美貴子

笠井 美貴子先生かさい みきこ

シロノクリニック銀座

丁寧なカウンセリングと豊富な知識に基づく確かな治療で、多くの患者様から厚い信頼を獲得。 美への探究心が強く、結果に差がつく高い技術と気さくな人柄で心身共にトータルで美を提供します。

笠井 美貴子先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック銀座院

シロノクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング 4階

0120-99-7474