レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

ザラザラお尻はもう嫌! 「ザラつく原因」と「改善ケア方法」

公開日:2017/12/11 / 最終更新日:2019/08/08

牧野 輝美牧野 輝美先生

ザラザラお尻はもう嫌! 「ザラつく原因」と「改善ケア方法」

お尻はめったに人に見せる部分ではありませんが、いざという時のためにつるつるにしておきたい部位。そこで今回は、お尻がザラザラになる原因と理想のお尻に近づける改善ケア方法をご紹介します。

お尻がザラザラになる原因

≪摩擦≫

肌触りの悪い下着や洋服を身に着けていると、摩擦によってお尻がザラザラになってしまいます。刺激が加わり続けると角質層が厚くなり、硬くてザラついた状態になってしまうのです。

≪圧迫≫

デスクワークなど、椅子に長時間座る習慣がある人は、圧迫することで角質層が厚くなり、お尻がザラザラになりやすい傾向があります。

≪炎症≫

ニキビや吹き出物などの炎症をくり返している人も、お尻がザラつきやすくなります。
また、かゆみが起きがちな人は爪でかくことで、お尻を荒れた状態にしてしまいます。

お尻をつるつるにする方法

お尻をつるつるにするためには、普段の習慣から変えていくことが大切です。

≪下着を変える≫

合成繊維は肌に刺激を与えやすいため、綿やシルクなどの天然繊維の下着を選ぶことをお勧めします。また古くなった下着は毛玉ができやすく、それが肌を擦ることもあるので、定期的に取り換えるようにしましょう。

≪座り方を改善する≫

足を組んで座ったり、体を傾けて座ったりすると、お尻の片方に負担がかかりザラつきが発生しやすくなります。姿勢正しく座り、お尻にかかる負担を減らしてあげましょう。柔らかいクッションなどをお尻の下に敷いても効果的です。また、長時間座っているとお尻の肌にダメージを与えるため、こまめに休憩してお尻を開放してあげましょう。

≪優しい洗浄と保湿ケア≫

ニキビや吹き出物を招かないためにも、お尻は常に清潔にすることが大切です。ただしナイロンタオルなどでゴシゴシと洗うのはNG。優しく洗い、入浴後は丁寧に保湿ケアしてあげましょう。

≪ピーリングをする≫

洗浄と保湿だけでザラザラが解消できない場合は、古い角質を取り除くピーリングが効果的です。顔にも使えるマイルドなピーリング剤で角質ケアを行いましょう。ただし一度に取り除こうとすると肌への負担が大きくなるため、1~2週間に1度ぐらいの頻度で、焦らずゆっくりケアすることが大切です。そして、ピーリング後のお尻はデリケートなため十分な保湿を行いましょう。

お尻のザラつきに悩まされている方は、ぜひ参考にしてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-965-454