レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

ダイエット成功のポイント!食事は「カロリー密度」を意識しよう!

公開日:2019/07/26 / 最終更新日:2019/07/26

城野 親徳城野 親徳総院長

ダイエットにはある程度の食事制限が必要ですが、食べる量を極端に減らすと、空腹でストレスを抱えてしまいますよね。満腹感を得ながらも摂取カロリーを抑えるためには、「カロリー密度」を意識することが大切です。カロリー密度とは何のことを指すのか、ダイエット向きの食べ物とあわせてチェックしてみましょう。

ダイエット食の指標となる「カロリー密度」とは?

カロリー密度とは、食品の単位重量当たりのエネルギー量のこと。食品1gあたるにどのこらいエネルギーが含まれているか計算することで、カロリー密度の高低を判別することができます。
たとえば低カロリーな野菜や海藻などはカロリー密度が低く、ダイエットに適した食材となります。一方ハンバンガーやフライドポテトなどのジャンクフードはカロリー密度が高く、ダイエットに不向きな食べ物です。
野菜はお腹がふくれるまで食べても摂取カロリーが低く太りにくいですが、ジャンクフードはお腹がふくまれるまで食べると摂取カロリーが高く太りやすいですよね。カロリー密度の低いメニュー=満足度の高いダイエット食とダイエット食と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

ダイエットに最適!カロリー密度の低い食品

■野菜
野菜はカロリー密度が低いだけでなく、食物繊維やビタミン類もダイエットに欠かせない食材です。ただし、かぼちゃ・人参・イモ類は糖質が多く、カロリー密度も高くなるので食べ過ぎは避けた方がいいでしょう。タップリ食べたいときは、キャベツ・ブロッコリー・葉野菜などがオススメです。

■海藻
わかめやもずくなどの海藻も、カロリー密度が低い上に食物繊維が豊富です。昆布には旨みがたっぷりあるので、食事に取り入れれば満足感もアップしますよ。サラダばかりだと体が冷えてしまうので、味噌汁やスープなどの温かいメニューに活用してみましょう。

■きのこ
低カロリー食材の代表格ともいえるキノコには、代謝を促進するビタミンB群も豊富なので、ダイエットに最適です。また、キノコは食事のかさましにも活用できます。普段食べている白米やおかずに、しいたけ・しめじ・えのき・エリンギなどを加えるだけで、カロリー密度の低いメニューに変身しますよ。

■脂身の少ない肉
肉という高カロリーなイメージがありますが、鶏のささみや胸肉などは、肉の中でも比較的カロリー密度が低く、ダイエットにもオススメです。筋肉を維持するためにもタンパク質が欠かせないので、脂身の少ない肉を積極的に取り入れましょう。

「いかにカロリー密度が低いものを食べるか」が、ダイエットを成功させるポイントになります。食事をするときはカロリー密度を意識して、空腹感やストレスの少ないダイエットを続けていきましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422