レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

毛抜きを使うとニキビができやすい!? 実は危険な処理トラブル

公開日:2019/12/16 / 最終更新日:2020/05/26

江馬 潤江馬 潤先生

毛抜きを使うとニキビができやすい!? 実は危険な処理トラブル

「ムダ毛の処理に毛抜きを使うと、ニキビができやすい」と感じている方は少なくありません。気になるムダ毛をキレイに除去できても、その後にニキビができてしまっては意味がありません。毛抜きでのトラブルをできるだけ防ぐために、ニキビとの関係性や対策方法をご紹介します。

毛抜きは毛穴トラブルを引き起こしやすい!?

ムダ毛の処理方法にはさまざまな種類がありますが、その中でも特にトラブルを起こしやすいのが、毛抜きを使った処理です。毛抜きを使うとムダ毛が毛根から除去できるため、仕上がりは一見美しくみえます。しかし毛を抜くときには、毛穴に大きな負担をかけています。少なからず炎症が生じるため、色素沈着や埋没毛を引き起こす恐れがあるのです。

毛抜き後にできやすいのはニキビではなく毛嚢炎

毛抜きを使用した後にできるニキビも、毛抜きで生じやすいトラブルの1つです。実はこの症状は、正式にはニキビではなく毛嚢炎と呼ばれるもの。傷ついた毛穴にブドウ球菌などの雑菌が侵入することで発生する、感染症の1つなのです。毛嚢炎は悪化すると膿が生じやすく、ニキビ跡のような色素沈着やクレーターを引き起こすこともあります。このようなトラブルを防ぐためには、ムダ毛を正しく処理することが大切です。

毛抜き後のトラブルを防ぐ対策方法

まずはできるだけ毛抜きを使用しない

すでにお伝えしたように、毛抜きは毛穴に負担をかけます。皮膚が引っ張られるため、たるみの原因になってしまうことも。できることなら、毛抜きは使わないほうが良いでしょう。代わりに、肌を傷つけにくい電気シェーバーを使うことをお勧めします。

毛抜きを使用するときは細心の注意を

どうしても毛抜きを使用したい場合は、以下のポイントを守りましょう。清潔な環境でおこなうこと、そしてアフターケアを忘れないことが大切です。

・ 処理前に手を洗う
・毛抜きを消毒し、清潔な状態で使う
・蒸しタオルなどで温めて、毛穴を開く
・地肌を押さえながら、毛の生えている方向に引き抜く
・処理後は、化粧水を含ませたコットンを当てて冷やす&保湿する

毛嚢炎ができてしまったときは?

万が一、毛嚢炎ができてしまったときは、美容皮膚科でのすみやかな治療をお勧めします。また、無理に潰さず清潔に保つことも重要です。潰すと跡ができやすいので注意してください。

毛抜きの使用後にできるニキビは、ニキビではなく毛嚢炎の可能性があります。他にもさまざまなトラブルを招く恐れがあるので、できるだけ毛抜きを使用しない方法を選択してみましょう。ムダ毛を毛根からキレイに除去したいなら、脱毛をおこなうのも1つの方法です。

Profile このコラムは私が担当しました!

江馬 潤

江馬 潤先生えま じゅん

シロノクリニック恵比寿

内科研修を経て、美容皮膚科に携わる。患者さまお一人おひとりの気持ちに寄り添い、丁寧に対応するよう心掛けています。人生を楽しく過ごせるよう、一人でも多くの方のお悩みを全力でサポートします。

江馬 潤先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422