レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

これから老け込んでいく……? たるみ肌の前兆5つ

公開日:2019/12/10 / 最終更新日:2022/02/01

中川 桂中川 桂先生

これから老け込んでいく……? たるみ肌の前兆5つ

肌が本格的にたるむ前には、何かしらの前兆が現れるってご存じでしたか? 実際、たるみに悩まされる方の多くが、「思えばアレが、たるみの進行する予兆だったのかも……」と変化を感じ取っています。具体的にどのような前兆があるのか、チェックの仕方と一緒にご紹介します。

こんな変化に要注意! たるみ肌の前兆5つ

目の下の黒クマ

目の下に影のようなクマができていませんか? それは黒クマと呼ばれていて、目元のたるみが原因で発生します。目の周りの皮膚はとても薄く、顔の中でたるみが早く現れやすい場所なのです。
目の下にできているクマが黒クマかどうか判別できない場合は、指で目尻の皮膚を少し持ち上げてみましょう。クマが目立たなくなったなら、たるみが原因の黒クマと考えられます。

目元のシワ

目元のシワも、たるみの初期段階に現れやすい変化です。「目の下や目尻にシワができる」「ファンデーションが溜まりやすくなった」などの変化を感じたら、たるみ肌の前兆といえるでしょう。若いうちは保湿をすればシワが目立たなくなりますが、たるみが進むと保湿をしてもシワが残ったままになってしまいます。

アイラインが描きにくくなる

「昔に比べるとアイラインが描きにくくなった」と感じているなら、上まぶたがたるんでいる可能性があります。まぶたのハリが低下すると、アイラインを引くべき場所に皮膚が重なり、スムーズに描けなくなってしまうのです。
この場合目尻を指で軽く引っ張ると描きやすくなりますが、たるみは進み始めているので早めのケアが必要です。ハリを高める目元専用の美容液を、毎日のスキンケアにプラスすることをお勧めします。

頬の毛穴の開き

頬を鏡でよく観察してみましょう。目の下や小鼻の横の毛穴が、楕円形に開いてはいませんか? それは皮膚のたるみによって毛穴が引っ張られ、出口が開いているためです。
たるみが進むと毛穴と毛穴がつながり、小さなシワのように見える帯状毛穴ができてしまうことも。帯状毛穴がある場合は、たるみがかなり進行しているといえるでしょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

中川 桂

中川 桂先生なかがわ かつら

シロノクリニック恵比寿

お一人おひとりの価値観や美に対する意識が異なります。 患者様のご要望をお伺いし、理想的かつナチュラルな美しさを最大限に引き出す美容治療の提供を心がけ、たるみ治療・シミ治療をと得意としています。

中川 桂先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422