レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

赤ニキビは危険な状態? 発生原因と正しいケア方法とは

公開日:2019/11/18 / 最終更新日:2020/06/09

牧野 輝美牧野 輝美先生

赤ニキビは危険な状態? 発生原因と正しいケア方法とは

ニキビは白ニキビや黒ニキビなど、色によって症状が異なります。では、痛みをともなうこともある「赤ニキビ」は、どのような状態なのでしょうか。今回は赤ニキビの症状や発生原因、ケア方法についてご紹介します。

「赤ニキビ」はどのような状態?

赤ニキビは、毛穴の内部で炎症が起きているニキビです。炎症が生じると毛細血管が拡張して血液量が増加するため、患部が赤く見えるのです。赤ニキビは腫れ上がっていて目立ちやすく、痛みやかゆみをともなうこともあります。

赤ニキビの原因とは

赤ニキビの原因はアクネ菌の繁殖です。常在菌であるアクネ菌が毛穴の内部に増殖すると、白血球が炎症を抑えるために集中し、患部が赤くなります。
アクネ菌は皮脂をエサとするため、皮脂分泌が活発だったり毛穴の内部に皮脂が詰まっていたりすると、赤ニキビができやすくなります。ホルモンバランスが崩れている方、スキンケアを正しくおこなえていない方は赤ニキビができやすいでしょう。

赤ニキビのケア方法

美容皮膚科で治療する

痛みやかゆみをともなうような赤ニキビは、セルフケアでの改善が困難です。アクネ菌以外の菌が関係していることもあるので、自己判断せずに美容皮膚科での治療をおこないましょう。炎症を早急に鎮める治療をおこなうことで、ニキビ跡の抑制につながります。

炎症を抑える治療薬や化粧品を使う

炎症が比較的軽い赤ニキビには、市販のニキビ治療薬でのケアが有効です。薬剤師に相談して、適した薬を処方してもらいましょう。スキンケアには、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸配合の化粧品が効果的です。

刺激やメイクを避ける

赤ニキビに刺激を与えると、炎症が悪化してしまいます。薬や化粧品をつける際は、決してこすらず優しいケアを心掛けましょう。また、ファンデーションなどに含まれる油分はアクネ菌のエサになりやすいので、赤ニキビができている部分はメイクを控えたほうが安心です。

食生活や生活習慣を改善する

ファストフードや菓子パンなどに偏った食生活は、皮脂の分泌を促す原因になります。糖質や脂質の多い食事はなるべく避けて、タンパク質や野菜中心のバランスの良い食事を心掛けましょう。また、睡眠不足もニキビの一因になります。睡眠を毎日しっかりとるために、規則正しい生活を送ることが大切です。

赤ニキビはニキビの中でも比較的症状が重く、放っておくとニキビ跡の原因にもなってしまいます。適切な治療や正しいケアで、早めの回復を目指しましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-965-454