レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

茶クマの簡単な見極め方は? 原因とケア方法もチェック!

公開日:2019/11/18 / 最終更新日:2020/06/09

牧野 輝美牧野 輝美先生

茶クマの簡単な見極め方は? 原因とケア方法もチェック!

目の下が茶色くくすむ「茶クマ」ですが、クマの種類は見極めが難しく、青クマや黒クマと見間違えてしまうことがあります。しかし判断を間違えると、適切なケアができてなくなってしまうもの。明るい目元を取り戻すために、茶クマの見極め方や発生原因をご紹介します。

茶クマの特徴・見極め方

茶クマは、目の下の皮膚が茶褐色にくすむクマです。人によっては下まぶただけでなく、上まぶたも同じように茶色くなることがあります。
茶クマは皮膚にメラニン色素が沈着しているので、皮膚を動かせば茶色い部分も一緒に動きます。目尻の皮膚をこめかみのほうに優しくひっぱり、目の下の皮膚とクマが同時に動いたら、茶クマができていると考えられるでしょう。

茶クマができる原因とは

摩擦

茶クマには、目元への摩擦が深く関係しています。アイメイクやクレンジング時に目の周りを強くこすっていると、その刺激が原因で、褐色のメラニン色素が大量に生成されてしまうのです。アレルギーなどのかゆみで目元をこすってしまう方、アトピー性皮膚炎などで皮膚のバリア機能が弱まっている方も、摩擦による茶クマが生じやすいので注意が必要です。

紫外線

目元の日焼けも、茶クマの原因になることがあります。紫外線を浴びるとメラニン色素が大量に生成され、目元が茶色くくすんでしまうのです。

茶クマのケア方法

メラニン色素の生成を抑える化粧品を使う

すでにできてしまった茶クマのケアには、メラニン色素の生成を抑える保湿化粧品が有効です。メラニンケアと保湿を同時におこなうことで肌のターンオーバーが促進され、くすみのない明るい目元を目指すことができます。ドクターシーラボの「スーパーホワイト377VC」など、ブライトニングが期待できる化粧品を目元まで優しくなじませましょう。

目元をこすらない

化粧品でのケアを続けていても、目元をこすっていると茶クマが悪化してしまいます。目元は特に皮膚が薄くデリケートなので、いかなるときでもこすらず優しく触れることが大切です。クレンジングはアイメイク専用のリムーバーを使い、肌への負担を最小限に減らしましょう。
また、目のかゆみにも注意が必要です。かゆみを抑える目薬を使うなど、かく前に正しい処置をおこないましょう。

サングラスを利用する

茶クマを防ぐためには、目元の紫外線対策も欠かせません。日焼け止めを目の周りにまでしっかり塗るのはもちろんのこと、日差しの強い屋外ではUVカット機能のあるサングラスを併用しましょう。

茶クマを改善するためには、まず目元への刺激を減らすことが肝心です。生活習慣やスキンケア方法をしっかり見直して、透明感のある明るい目元を取り戻しましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2丁目19−12 横浜スカイビル 16F

0120-965-454