レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

今すぐ食べたい! コラーゲンが多く含まれている食品5つ

公開日:2019/11/04 / 最終更新日:2022/02/01

佐藤美佐藤美先生

今すぐ食べたい! コラーゲンが多く含まれている食品5つ

コラーゲンは皮膚の弾力性を保つために欠かせない成分ですから、できれば食品からも積極的に補給したいもの。そこで今回は、コラーゲンが多く含まれている食品をご紹介します。食卓に取り入れやすい身近な食品を、効果的な食べ方とあわせてチェックしてみましょう。

コラーゲンが多く含まれている身近な食品は?

牛すじ

牛すじには、肌のハリを保つコラーゲン、エラスチン、コンドロイチンが豊富に含まれています。もともとは高タンパク質・低脂肪な食品ですが、どて煮やカレーだと糖分・塩分・脂質が多くなるので注意が必要です。あっさりとした味付けのおでんなどが良いでしょう。

手羽先

鶏の手羽先には、コラーゲンやエラスチンが豊富に含まれています。脂質も多いので、揚げ物は避けて鍋やスープにすることをお勧めします。栄養を逃さないために、煮汁も活用してくださいね。

かれい

かれいは高タンパク質・低糖質・低脂肪な食品なので、ダイエット中の方にもお勧めです。しかも魚由来のコラーゲンは、体内での活用率が高いといわれています。皮やえんがわ部分に多く含まれているので、残さずいただきましょう。

うなぎ

うなぎにはコラーゲンだけでなく、美肌効果の高いビタミンA、ビタミンB1・B2、ビタミンE、亜鉛なども豊富に含まれています。価格が高騰しているのであまり身近ではありませんが、栄養が豊富なのでできるだけ積極的に食べることをお勧めします。

ゼリー・グミ

ゼラチンで固められたゼリーやグミには、豚皮由来のコラーゲンが豊富に含まれています。ただし市販のゼリーの場合、ゼラチン以外で固められている製品も少なくありません。コラーゲンを摂取したいときは、原材料をよく見て買うようにしましょう。

コラーゲン豊富な食品の食べ方

一度にたくさん食べない

コラーゲン豊富な食品をいくつかご紹介しましたが、多くが高カロリーです。一度にたくさん食べると太る原因になってしまうので、適量を心掛けることが大切です。

ビタミンCと一緒に摂取する

食品に含まれるコラーゲンはそのまま吸収されるわけでなく、体内で一度分解されてからコラーゲンが作られるための材料になります。コラーゲンを合成する際にはビタミンCも必要になるので、ビタミンCが豊富な野菜や果物などと一緒に食べましょう。

コラーゲンは意外と多くの食品に含まれていますが、美容に活かすためには食べ方にも気をつける必要があります。ハリのある若々しい肌を保つために、質の良い食品を少しずつこまめに食べてみてはいかがでしょうか。

Profile このコラムは私が担当しました!

佐藤美

佐藤美先生さとう よしみ

シロノクリニック恵比寿

結果に差を出すエキスパート 技術の高さや経験はもちろん、髙いセンスも重要視される美容医療。そのすべてに長けている精鋭のドクター。ホスピタリティの気持ちを忘れず、きめ細かな対応で患者さまの笑顔のためなら努力を惜しみません。

佐藤美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422