レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

冬こそワキガに要注意。臭いが強まる理由と対策方法

公開日:2019/12/16 / 最終更新日:2022/05/11

中川 桂中川 桂先生

冬こそワキガに要注意。臭いが強まる理由と対策方法

ワキガが気になる季節といえば、汗がでやすい夏というイメージ。しかし、汗をかきにくい冬でもワキガの臭いが強くなることがあります。注意をしないと、夏よりも臭ってしまうことがあるのです。
では、どういった理由で冬のワキガ臭が強くなるのか、臭いを抑える方法とあわせてご紹介します。

冬のワキガが強くなる理由とは

厚着によって汗や臭いがこもる

冬は少しでも寒さを和らげるために、衣類を重ねて厚着をします。しかしその分、衣類の通気性が悪くなるため、汗や臭いが脇の下にこもることになります。また、汗が蒸発しにくいため、雑菌も繁殖しやすくなります。その結果、ワキガ特有の臭いが強くなってしまうのです。

水分不足によって汗の濃度が高まる

冬は喉が渇きにくいうえに、体が冷えるのを避けるために自然と水分を摂らなくなります。すると、知らず知らずのうちに体は水分不足になり、汗の濃度が高まります。汗に含まれる老廃物の量が増えるため、臭いが強くなりやすいのです。

冬に必要なワキガの対策方法

制汗剤を使用する

ワキガの臭いを抑えるためには、冬でも制汗剤を使うことが大切です。寒いと制汗剤をつけるのが億劫になりますが、朝の着替えるタイミングなどに忘れず使用しましょう。清涼感のあるスプレータイプが冷たく感じる人には、刺激の少ないクリームタイプの制汗剤がお勧めです。

脇汗をこまめに拭き取る

寒い冬でも、暖房や厚着などの影響で意外と汗をかいています。少しでも汗ばんだら、そのつどボディシートなどで汗を拭き取りましょう。殺菌・防臭効果のあるボディシートを使うと効果的です。拭き取った後は制汗剤を塗り直すことで、さらに臭いを軽減できます。

水分補給を忘れない

汗の濃度を薄めるためには、こまめな水分補給が必要不可欠です。たとえ喉が乾かなくても、2~3時間に一度はコップ1杯の水分を摂るようにしましょう。冷たい飲み物やカフェイン入りのドリンクは体の冷えを招くので、温かいノンカフェインティーや白湯がお勧めです。

運動や入浴でこまめに汗をかく

冬は汗をかく機会が減るため、汗腺の機能が衰えがちです。汗腺が衰えると、ワキガの原因となるアポクリン腺からの分泌物が増え、臭いがさらに強くなってしまいます。汗をかきにくい冬こそ、発汗作用のある有酸素運動や半身浴などを行って、汗をこまめにかきましょう。

冬は汗の量が減りますが、それと反比例するようにワキガの臭いは強くなっていきます。冬こそ十分なワキガ対策で、臭いに悩まされない爽やかな毎日を手に入れましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

中川 桂

中川 桂先生なかがわ かつら

シロノクリニック恵比寿

お一人おひとりの価値観や美に対する意識が異なります。 患者様のご要望をお伺いし、理想的かつナチュラルな美しさを最大限に引き出す美容治療の提供を心がけ、たるみ治療・シミ治療をと得意としています。

中川 桂先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422