レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

顔にも影響する「頭皮のたるみ」のセルフチェック方法&対策方法

公開日:2019/10/15 / 最終更新日:2022/05/12

大野 由実大野 由実先生

顔にも影響する「頭皮のたるみ」のセルフチェック方法&対策方法

頭皮と顔の皮膚は隣り合わせでつながっているため、頭皮がたるむと顔のたるみまで引き起こしてしまいます。しかし、頭皮がどれくらいたるんでいるかは、自分の目で確認できませんよね。
そこで今回は、頭皮のたるみ具合を目以外でチェックする方法を、頭皮のたるみの原因や対策方法とあわせてご紹介します。

頭皮のたるみの原因

加齢

年を重ねると、代謝の低下や細胞の老化による影響で、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンが作られにくくなります。その結果、顔の肌のハリが低下するのと同じように、頭皮もたるみやすくなるのです。

紫外線

頭皮は日焼け止めを塗りにくい場所のため、紫外線の影響を受けやすいパーツです。無防備な状態で紫外線を浴びていると、頭皮内部のコラーゲンやエラスチンが破壊され、たるみの原因になります。

血行不良

運動不足や冷えなどの影響で血行が悪くなると、頭皮に栄養が行き渡りにくくなります。その結果、頭皮のターンオーバーが乱れて、たるみが生じやすくなります。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や偏った食生活など、生活習慣の乱れも頭皮がたるむ原因になります。ホルモンバランスが崩れたり、酸化を引き起こす活性酸素が増えたりする影響で、ハリが失われてしまうのです。

頭皮のたるみのチェック方法

頭皮がたるんでいるかどうかは、直接触ったときの感触で確認することができます。まずは耳の上の頭皮を、指先で軽くつまんでみましょう。このとき、皮膚が柔らかく、指先でつまめる場合は、たるみが生じている証拠です。そのままだと顔もたるみやすくなりますので、早めの頭皮ケアを始めましょう。

頭皮のたるみを防ぐには

紫外線対策も取り入れて

頭皮のたるみを防ぐためには、紫外線対策も欠かせません。直射日光を浴びやすい外出時には、UVカット効果のある帽子や日傘を利用して、紫外線をブロックしましょう。帽子や日傘を使用できないときは、『ドクターシーラボ UVプロテクトスプレー100』など、髪や頭皮にも使える日焼け止めスプレーを使用しましょう。

たるんだ老け顔を防ぐためには、ハリのある若々しい頭皮を保つ必要があります。指先で触り心地をこまめにチェックしながら、たるみを防ぐ頭皮ケアを続けていきましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。

この先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422