レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

目の下のたるみの治療方法

公開日:2016/10/30 / 最終更新日:2020/12/18

城野 親徳城野 親徳総院長

目の下のたるみの治療方法

この記事の目次

  • 「目の下のたるみ治療」最前線
  • たるみの原因を直接改善する治療
  • たるみを目立たなくさせる治療
  • たるみの原因の脂肪をとる治療
  • あなたの症状に合った治療を選びましょう。

「目の下のたるみ治療」最前線

目の下のたるみ治療には、目的に合わせて3つのアプローチ法があります。今回はその目的別に、治療法をご紹介します。たるみの原因を直接改善する治療

・サーマクール
レーザー光線の何倍もの強さをもつ「ラジオ波」を用いて皮膚組織に熱刺激を与えることで、コラーゲンをつくりだす線維芽細胞を活発化させる治療法です。コラーゲンの生産を増やすことで、根本から目の下のたるみ改善を目指します。

・ヤグレーザーピーリング
熱刺激により線維芽細胞を活性化し、コラーゲンの増殖を促す治療法です。反射作用による皮膚表面のピーリング効果もあるため、ダブルの効果で肌のハリを取り戻し、目の下のたるみ改善を目指します。

たるみを目立たなくさせる治療

・ ヒアルロン酸注入
肌の老化による、目の下の軽度なたるみに効果的な治療法です。
1gあたり6lの保水力がある「ヒアルロン酸」を真皮に注入することで目の下の潤いを保ち、ふっくらとした目元を実現します。

たるみの原因の脂肪をとる治療

1. 下眼瞼脱脂術(かがんけんだつしじゅつ)
炭酸ガスレーザーで、たるみの原因となる「脂肪」を取り除く治療法です。目の下に蓄積した脂肪により発生した、重度のたるみに適しています。術後に効果をすぐに実感できる特徴があります。

2. メソセラピー
高脂血症などの治療でも用いられる、「脂肪溶解成分」を目の下に注入することで、たるみの原因である脂肪を分解させる治療法です。過剰な脂肪の蓄積が原因で起こる目の下のたるみに適しています。

あなたの症状に合った治療を選びましょう。

目の下のたるみ治療には、多くの選択肢があります。治療を考えるなら、まずは美容外科での医院のカウンセリングを受け、どの治療方が自分のたるみに一番効果的なのかを相談してみることから始めましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422