レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

体の内側から綺麗になれる! レモン水の驚くべき効果効能とは

公開日:2019/10/01 / 最終更新日:2019/10/15

牧野 輝美牧野 輝美先生

体の内側から綺麗になれる! レモン水の驚くべき効果効能とは

清涼感がありさっぱりとした口当たりがさわやかなレモン水はリフレッシュしたい時に最適なドリンクですが、体の内側から美しくなる効果もあるというのをご存知でしょうか。
ここでは、インナービューティーにも効果的なレモン水の驚くべき効果についてご紹介します。

レモン水の持つ効果

・デトックス促進効果

私たちは年を重ねることで筋力が衰え、血流や新陳代謝が滞るために体の機能が低下していきます。余分な水分や老廃物をため込んでしまうことで、むくみやすくなったり、太りやすくなったりしてしまいます。 レモンの酸っぱさの元であるクエン酸には代謝を上げる効果があるため、溜まってしまいがちな水分や老廃物をデトックスし、すらりとした体型になることが期待できます。

・美肌効果

レモン水には美肌のための成分でもあるビタミンCがたくさん含まれています。紫外線によって肌の奥で生まれたメラニン色素が作られすぎるのを抑制し、シミやそばかすを防ぎます。

またビタミンCは、肌の水分や弾力をキープするのに効果的なコラーゲンを生成するために、欠かせないものでもあります。コラーゲンには保湿効果があり、肌が潤いで満たされるようになるとターンオーバーが促進されます。 出来てしまったメラニン色素を排出し新しい肌細胞に生まれ変わらせることで、滑らかで透明感のある肌をつくるので、美肌に効果的です。抗酸化作用もあり、シワなどの老化現象の原因となる活性酸素の働きを抑制するので、アンチエイジングを目指す人にもお勧めです。

・疲労回復やストレス解消

レモンに含まれているクエン酸は、疲労回復に効果的な成分として知られています。
体は疲れを感じると筋肉に乳酸をため込むようになり、体の痛みやだるさを感じます。年を重ねて体力が落ちると余計に疲れが取れにくくなり、慢性的な疲労感が体や肌に現れるようになると、老けた印象に見られてしまいます。 クエン酸には乳酸を分解してする作用があるので、仕事や家事、育児で忙しい人には特に強力な味方となってくれます。

■レモン水の作り方と効果的な摂り方

1.お湯または水を用意する(200CC程度)
2.レモン汁を入れる(生レモンなら1/2個、市販のレモン汁なら大さじ1程度)
3.完成

レモン水は、コップに入れた水やお湯の中にレモン汁を絞るだけで完成するので、誰でも簡単に作ることができます。
生のレモンがない場合は、市販のレモン汁で代用可能です。生レモンなら半分、市販のレモン汁なら大さじ1程度で十分です。酸っぱいのが苦手な人は、お好みで甘みを付けましょう。
血糖値を下げる効果のある「希少糖(レアシュガー)」や「オリゴ糖」など、特定保健用食品に指定された甘味料はヘルシーで、ダイエット効果も期待できます。

飲むタイミングは、朝起きた時やリフレッシュしたい時がお勧めです。空腹時に飲んだり、あまりにたくさんのレモン汁を摂取したりすると、胃に負担がかかるので注意しましょう。

美しさをキープするには、規則正しい生活やバランスのいい食生活が欠かせません。ぜひ日常にレモン水を摂り入れてみてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-96-5454