レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

美容面から考える「枕の選び方」とは

公開日:2017/04/17 / 最終更新日:2019/08/25

笠井 美貴子笠井 美貴子先生

美容面から考える「枕の選び方」とは

健康な素肌を保つために欠かせないのが、「質の良い睡眠」です。
睡眠前の行動や睡眠時間ももちろん重要ですが、実は寝具も良い眠りをサポートしてくれる大切なアイテム。
睡眠の質や肌のたるみを意識して枕を選ぶには、どのような所に注目したらよいのでしょうか。
その注目すべきポイントについてここではご紹介します。

首をしっかりとサポートしてくれるような枕が良い

枕が美容と関係があるといわれる1つが、首のしわと関係があるからです。
例えば枕が高いと頭が高くなり、睡眠中は顎をひいた状態で数時間過ごすことになります。
1日の負担は少なくても、その負担が365日毎日続くので少しずつしわとして蓄積してしまうのです。
また、枕に使われている素材にもこだわらないと摩擦や刺激で肌にダメージを与えてしまう場合があるため、美容と枕は切っても切れない関係にあるのです。

枕選びのポイントとして、ポイントが首をしっかりとサポートしてくれるような枕をチョイスすることをお勧めします。
1番良いとされているのが、寝ている姿勢が立っている姿勢と同じような状態になる枕です。
肩や首に負担が掛からないため、しわが刻まれることなく朝を迎えることができます。
頭のサイドにボリュームがるもので、さらにサイドからも頭をサポートしてくれるような形状の枕の使用をお勧めします。

枕カバーには美肌成分が配合されているようなものを使用する

先述した通り、枕カバーは直接肌に触れるものです。
肌に合わない素材だと肌にダメージを与えてしまうため、枕本体だけではなく枕カバーにもこだわる必要があります。
タオル生地や毛羽立っている生地は、洗濯を重ねるとゴワゴワして肌に刺激が強いことがあるので注意して使用するようにしましょう。
また、肌に良い成分だと言われているスクワランが配合されている枕カバーが売られていて、こちらは肌に負担がかかりにくいと言われています。
スクワランは肌の弱い人にも刺激が少なく、代謝をアップさせるなどの効果なども期待できる枕なので、一度使用してみてはいかがでしょうか。

通気性の高い枕、枕カバー選びをする

快眠をもたらすためには、寝汗を気にせず寝れる通気性の良い環境が必要です。
安眠をうながすには体温を下げた方がいいと言われるように、頭に血が上っていたり蒸れている環境では深い睡眠を得ることは出来ません。
通気性が悪い枕を使うと脳にストレスを与えてしまうこともあるので、通気性を良くして脳をストレスフリーにし、快眠モードに持っていってあげましょう。
特に低反発素材の枕を使っている方は通気性が良くないものもあるので、カバーの素材やベッドの風通しの良さを気にかけてみてください。

枕を改善するだけで、眠りの質も肌への負担も劇的に改善することができます。
しっかりと睡眠を取り、健康な素肌を手に入れてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

笠井 美貴子

笠井 美貴子先生かさい みきこ

シロノクリニック銀座

丁寧なカウンセリングと豊富な知識に基づく確かな治療で、多くの患者様から厚い信頼を獲得。 美への探究心が強く、結果に差がつく高い技術と気さくな人柄で心身共にトータルで美を提供します。

笠井 美貴子先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック銀座院

シロノクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング 4階

0120-997-474