レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

目立つ場所にある顔のホクロを隠す「メイク術」

公開日:2017/09/24 / 最終更新日:2019/08/22

徳永 真理徳永 真理先生

目立つ場所にある顔のホクロを隠す「メイク術」

頬や口元など、目立つ部分にあるホクロ。個性をチャーミングにアピールすることも可能ですが、できればメイクで目立たないようにしたいという場合もありますよね。
そんなときに使えるホクロを隠すために効果的なメイクのコツをご紹介します。

1.コンシーラーでホクロの色味をカバー

コンシーラーは、目の下のくまや目立つ場所にできてしまったシミ、くすみなどをカバーするために使えるアイテムです。ただ、さまざまな色味があるため、どんなカラーを選択したらいいか迷ってしまう人もいるかもしれません。
ホクロを上手にカバーするためには肌の色よりも暗いトーンのカラーを選びましょう。色味が明るすぎたり、肌の色に近すぎると浮いてしまったり不自然な仕上がりになる場合があります。
そしてコンシーラーにはペンタイプやスティックタイプなどの種類がありますが、ホクロを隠すためにはリキッドタイプがお勧めです。指先やブラシにとって、ホクロの部分だけに重ねましょう。塗り広げると目立ってしまうため、ホクロの上に置くようなイメージで重ねることがポイント。平坦なホクロの場合にはコンシーラー使いだけでも目立たなくなる場合が多いですが、盛り上がったホクロの場合は、外科手術後の傷をカバーする際に使用されるファンデーションテープや、タトゥーを隠す用のテープを小さくカットして利用すると便利です。テープとホクロ部分の境界を目立たせないようにスポンジパフを使ってファンデーションでなじませると良いでしょう。

2.リキッドファンデーションをなじませる

コンシーラーでホクロの色味を調整したら、リキッドファンデーションで肌の色となじませましょう。カバー力が強く、保湿成分が配合された乾燥に強いタイプがお勧めです。
ただ厚く塗り重ねてしまうと、一見うまくカバーできたように見えますが、その分はがれ落ちやすくなり、ひび割れて目立つ状態になりやすいことが予想されます。清潔なスポンジパフを使用して、塗りムラができないように薄く重ねてください。

3.フェイスパウダーを重ねる

最後の仕上げに、カバー力が高いパウダーを重ねます。時間の経過とともに分泌してくる皮脂をおさえて化粧崩れを防ぎ、メイクの効果を長持ちさせてくれます。たとえば、顔面に受ける光を拡散して、くすみをカバーしてくれるタイプのものを使用すると、顔色を明るく見せてくれる効果が期待できます。

コツを掴めば、メイクでも簡単にホクロを隠すことができるのです。
ぜひ参考にしてみてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

徳永 真理

徳永 真理先生とくなが まり

シロノクリニック銀座

「手術をしない美容医療によって、美しくすることができる」ところに魅力を感じて、美容皮膚科へ。注入箇所・量、デザインの精密な見極めが要求される、ボトックスやヒアルロン酸注入を得意としています。シロノクリニックのリーダー的存在、全治療のエキスパートです。

徳永 真理先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック銀座院

シロノクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング 4階

0120-99-7474