レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

どの方法がいいの? 自宅でのムダ毛処理の種類と特徴

公開日:2017/03/02 / 最終更新日:2019/08/22

笠井 美貴子笠井 美貴子先生

どの方法がいいの? 自宅でのムダ毛処理の種類と特徴

夏は肌の露出が増える季節。
だらしない印象を与えないためにも、 ムダ毛の処理は徹底しておきたいものです。

クリニックやサロンでの脱毛は完了するまでにある程度の期間が必要になります。
取り急ぎ、自分で処理する必要がでてくることもあるでしょう。

自宅でのムダ毛処理の方法にも、いろいろな方法があるもの。
「どの方法が良いのかな?」と迷うこともあるかと思います。
今回は、 自分でできるムダ毛処理の方法にはどのようなものがあるかと、それぞれの方法で 注意したい点などをご紹介します。

自宅でできるムダ毛処理の方法と特徴

・毛抜き
毛抜きで一本ずつ抜く方法は、ムダ毛を根元から抜いてしまうため、次に生えてくるまで時間がかかります。このため、一度処理すると 効果が比較的長続きするといえるでしょう。
とはいえ、一本ずつ抜くのはとても 時間がかかります。ムダ毛が多い箇所には不向きだと言えるでしょう。
また、抜く時に 痛みがあります。肌に刺激が強いため、赤みが出る場合も。

・カミソリ、シェーバー
T字型のカミソリや、電動シェーバーなどでムダ毛を剃る方法は、安価で手軽にできるのが便利ですね。きちんとシェービングフォームなどを使用すれば、肌への負担も比較的少ないでしょう。
ただし、ムダ毛の肌より表面にある部分を剃っているだけなので、伸びてくるとすぐにまた処理が必要になります。
また、切れ味が悪くなったカミソリを使うと肌を傷つけることもあります。

・除毛クリーム
ムダ毛を溶かしたり分解したりする成分が含まれている除毛クリームを使って処理する方法です。処理したい部分に塗って、一定時間おいた後に拭き取ったり洗い流したりするだけなので、とても簡単。また、肌に無理な力が加わらないため毛穴がポツポツと目立ったりすることもありません。
ただし、薬剤が肌への刺激になることがあります。肌の弱い方は注意が必要です。カミソリ同様、肌より表面にある部分のみを処理することになるので、小まめな処理が必要になります。

・家庭用脱毛器
家庭用の脱毛器にも、さまざまなタイプのものがあります。電動でムダ毛を抜くタイプのものをはじめ、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を家庭で行えるものも。
こうした家庭用脱毛器は、製品によって機能や性能にかなりの差があります。また、製品によってはかなり高価なものも。購入を検討する場合は、どういう方式を採用しているのかや評判などをあらかじめよく調べるべきでしょう。

自宅でのムダ毛処理にも、いろいろな方法があります。
それぞれにメリット、デメリットがあるので、理解した上で自分に合うケア方法を取り入れていきましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

笠井 美貴子

笠井 美貴子先生かさい みきこ

シロノクリニック銀座

丁寧なカウンセリングと豊富な知識に基づく確かな治療で、多くの患者様から厚い信頼を獲得。 美への探究心が強く、結果に差がつく高い技術と気さくな人柄で心身共にトータルで美を提供します。

笠井 美貴子先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック銀座院

シロノクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング 4階

0120-99-7474