レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

早足歩きのダイエット効果とスリム脚を手に入れるポイント

公開日:2018/05/25 / 最終更新日:2022/07/14

笠井 美貴子笠井 美貴子先生

早足歩きのダイエット効果とスリム脚を手に入れるポイント

ランニングや階段の昇降など、足を動かすエクササイズにはさまざまなものがあります。なかでも、簡単に始められて体の負荷も少ないと女性に人気なのがウォーキングです。そんなウォーキングダイエットを成功させるには、早歩きを取り入れると良いとご存知ですか? 今回は、早歩きダイエットのコツをご紹介します。

早足歩きのダイエット効果はなぜ高い?

・消費カロリーが高い
早足歩きは通常の歩き方より、消費カロリー数が高くなります。体重が50キロの人の場合、普通に歩いた時の消費カロリーは30分で80kcal前後ですが、早足歩きだと30分で130kcal程度にアップできるのです。つまり早く歩いたほうが1.6倍も多くカロリーが消費され、ダイエット効果も高くなることが期待できます。

・筋トレ効果がある
早く歩くと、筋肉により大きな負荷がかかるため、筋肉トレーニングと同じような効果が現れます。早足歩きを続けるほど筋肉量が増えて、痩せやすく太りにくい身体にできるのです。特に下半身の筋肉を使うため、ヒップアップしたい方、足を引き締めたい方にお勧めです。

覚えておきたい「早足で歩く時」のポイント

・背筋を伸ばして歩く
背中を丸めたまま歩くと首や腰を痛めるうえに、呼吸が浅くなって運動効果をダウンさせてしまいます。酸素を十分に取り込めるように、必ず背筋をまっすぐ伸ばした状態で歩きましょう。

・腕を大きく振る
腕を大きく振りながら歩くと、肩甲骨の周りにある褐色脂肪細胞が刺激されます。その結果、脂肪燃焼効果が高まり、ダイエット効果を高めることができるのです。

・ひざを伸ばして大股で歩く
早足歩きをする時は、ひざを伸ばして大股で歩くことがポイントです。ひざにかかる負担を減らせるうえに、下半身の大きな筋肉を刺激して消費カロリーを増やすことができますよ。さらにお尻の筋肉を意識しながら大股で歩くと、ヒップアップ効果も期待できます。

・会話できる程度の速さで歩く
早足歩きと言っても、歩く速度が早すぎると短時間で辛くなりますし、筋肉に強い負荷がかかりすぎて筋肉太りを招いてしまいます。歩く時は息が上がりすぎないように、会話できる程度の速度を心がけましょう。

・定期的に続けて歩く
ダイエットをするためには、1日15~20分の早足歩きを毎日こつこつと続けることが大切です。もし毎日歩くのが難しい場合は、1日おきに30分~1時間、早足ウォーキングを行いましょう。定期的に続けることで、ダイエット効果が現れやすくなります。

せっかく歩くならダラダラ歩くのではなく、早めに颯爽と歩いて、ダイエット効果をアップさせてくださいね。

Profile このコラムは私が担当しました!

笠井 美貴子

笠井 美貴子先生かさい みきこ

シロノクリニック銀座

丁寧なカウンセリングと豊富な知識に基づく確かな治療で、多くの患者様から厚い信頼を獲得。 美への探究心が強く、結果に差がつく高い技術と気さくな人柄で心身共にトータルで美を提供します。

笠井 美貴子先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック銀座院

シロノクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング 4階

0120-99-7474