レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

春のボディライン引き締めに「インナーマッスル」を鍛えよう!

公開日:2017/01/05 / 最終更新日:2019/08/20

大野 由実大野 由実先生

春のボディライン引き締めに「インナーマッスル」を鍛えよう!

春めいた陽気の日が増え、薄着になる季節ですね。春物の服を着てみて、自分の体型の変化を感じていらっしゃる方も多いのでは?

冬の間に体重が増えてしまったという方はもちろん、体重はそれほど変化していなくても、なんとなくお腹や二の腕がぷよぷよしていたり、ヒップが垂れていたりといった体型の変化を感じる場合、「インナーマッスル」の衰えが原因の一つかもしれません。

美容皮膚科 シロノクリニック恵比寿院 大野由美医師が、インナーマッスルとダイエットの関係についてお伝えします。

そもそもインナーマッスルって?

筋肉を鍛えるというと、腹筋や腕立て伏せなどの筋力トレーニングを思い浮かべる方が多いかと思います。こうした筋トレで鍛えられる筋肉は、身体の外側にある大きな筋肉すなわち「アウターマッスル」です。

私たちの身体にはこうした外側の大きな筋肉だけでなく、身体の深層部にも小さな筋肉がたくさんあります。これらの小さな筋肉は「インナーマッスル」と呼ばれ、関節の位置や正しい姿勢を保つことに役立っています。

インナーマッスルとダイエットの関係は?

まず、インナーマッスルかアウターマッスルかに関わらず全身の筋力を向上させることによって基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなるという効果が期待できます。特に日常動作でも使うアウターマッスルに比べ、意識しないと衰えがちなインナーマッスルを鍛えることはダイエットに大切だと言えます。

また、インナーマッスルは関節の位置と深い関わりがあるものが多いため、しっかりと使うことを意識することで全身のバランスが整い、引き締め効果や内臓機能の向上などにも役立ちます。

インナーマッスルを鍛えるには?

筋トレといって思い浮かべるような運動は、アウターマッスルを鍛えるために有効ですが、インナーマッスルを鍛えるにはあまり効果的ではありません。
インナーマッスルを鍛えるには、ウォーキングや水泳、ヨガなどの有酸素運動が効果的です。負荷をかけて筋肉を使うというよりは、日頃使わない筋肉を使うことが大切です。

また、日常の動作で正しい姿勢を意識するだけでもインナーマッスルを使うことにつながります。立っている時、座っている時、歩く時など、気が付いたら正しい姿勢を意識して保つようにしてみましょう。

シェイプアップ効果はもちろん、腰痛などの改善効果も期待できますよ。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。

大野 由実先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422