レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

オバサン体型を卒業するために「コルセットダイエット」にチャレンジ

公開日:2018/08/18 / 最終更新日:2022/06/20

牧野 輝美牧野 輝美先生

オバサン体型を卒業するために「コルセットダイエット」にチャレンジ

コルセットは、古くからウエストの補正や腰痛の予防に使われてきたアイテムです。最近では、そのコルセットを使ったダイエット法が、若い女性たちの間で話題になっています。
「最近お腹周りに脂肪がついてきた」「食欲がおさまらない」このようなお悩みを持つ女性には、コルセットダイエットがうってつけ! オバサン体型を卒業するためにも、話題のコルセットダイエットの効果や方法について学んでいきましょう。

コルセットダイエットの効果が知りたい!

・食事量が減る
コルセットを着用するとウエストが引き締まって見えるだけでなく、食事量も自然と減らすことができます。胃がコルセットによって圧迫されるので、過剰な食欲を抑えることができるのです。

・姿勢が良くなって代謝が上がる
コルセットをつけていると姿勢が矯正されるため、血液やリンパの流れが良くなります。これに伴って代謝もアップし、痩せやすい体質を手に入れることができます。

・デトックス効果
普段の洋服に加えてコルセットをプラスすると、汗の量が増えるという効果も。汗をかくことでデトックス効果が得られ、老廃物が溜まりにくい体ゲットに期待できます。

コルセットダイエットの正しい方法とは?

・自分のウエストよりも小さいコルセットを使用する
コルセットダイエットを行う際は、自分のウエストサイズよりも-10~15cmのコルセットを使用しましょう。小さなコルセットを使用することで引き締める力が強くなるため、よりダイエット効果を高めることができます。
ただし、小さなコルセットの着用は体への負担も大きくなるもの。とくに、初めてコルセットダイエットにチャレンジするというは、無理のないよう-5~10cm程度のコルセットから始めることをお勧めします。

・1日3~6時間コルセットをつける
コルセットをつける時間は、1日につき3~6時間が適切です。早く痩せたいからといって、6時間以上コルセットをつけていると内臓に負担をかけてしまいます。使用時間には十分に注意しましょう。

・食事量を減らしたいときは食事中につける
食事をついつい食べ過ぎてしまう……という方は、食事中にコルセットをつけましょう。お腹を締めつけながら食事をすることで、自然と摂取量を下げることができます。満腹になると苦しくなってしまうので、腹8分目以下を意識することが大切です。

・寝るときはコルセットを外す
コルセットをしたまま寝ると、血管が圧迫されて血流が悪くなってしまいます。体に負荷を与えながら眠ると睡眠の質も落ちてしまうため、必ずコルセットを外してから寝るようにしましょう。

コルセットをつけると見た目が引き締まるため、痩せたときの自分の姿が想像しやすく、モチベーションアップにもつながります。無理は禁物ですが、理想的なくびれを手に入れるためにもぜひ挑戦してみてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-96-5454