レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

お手軽!「米ぬか風呂」で肌しっとりツルツルに

公開日:2016/09/23 / 最終更新日:2019/08/19

大野 由実大野 由実先生

お手軽!「米ぬか風呂」で肌しっとりツルツルに

空気が乾燥しがちなこれからの季節は、肌も乾きがち。手足の肌がなんとなくゴワついたりカサついたりといったことも増えてきます。顔だけでなく、ボディもしっかりと保湿ケアしていきたいところ。

そんな全身の保湿ケアに活用したい「米ぬか風呂」をについて、美容皮膚科シロノクリニック池袋院 寺井美佐栄院長がお伝えします。

「米ぬか」にはビタミンミネラルたっぷり!

「米ぬか」は、玄米を白米に精製する時に削り取られる外皮や胚の部分の粉末です。ぬか漬けを漬ける時に使いますよね。また、最近よく見かけるようになったのが、「お米ブラン」から作ったパン。米ブランというのも米ぬかのことです。

玄米は白米より栄養が豊富だというのは、皆さんもご存じだと思います。精米の際に削り取られてしまう外皮の部分には、アミノ酸やビタミン、ミネラルがたっぷりと含まれているんです。

それを入浴剤として活用するのが、「米ぬか風呂」です。

米ぬか風呂の作り方

米ぬかをお風呂のお湯に直接入れると、排水口が詰まる原因になってしまいます。必ず「ぬか袋」に入れて使いましょう。

ぬか袋は、小さめの布袋に米ぬかを500~600グラム程度入れて作ります。ハンカチなどに米ぬかを包んで輪ゴムで止めたり、お茶用の紙パックを利用するのも良いでしょう。

あとはこのぬか袋をお風呂のお湯に入れて揉むだけ。米ぬかの成分がお風呂のお湯に溶けだして米ぬか風呂のできあがりです!

米ぬか風呂でお肌しっとり、すべすべに

米ぬかにはビタミンCやビタミンEなど抗酸化作用のある成分が豊富に含まれて、肌のしわやしわなど老化の原因になる活性酸素の働きを抑えてくれます。

さらにビタミンB群やミネラルなど、肌の新陳代謝を促す栄養素もたっぷり。

肌の水分を保つセラミドも豊富に含まれているため、入浴後は肌がしっとり、ツルツルになりますよ。

米ぬかは合成洗剤が普及する前は、洗剤としても用いられていました。ぬか袋で優しく肌を洗うのもお勧めです。

スーパーなどでお手頃価格で手に入る米ぬか。天然の入浴剤として活用してみてくださいね。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。

大野 由実先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422