レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

ダイエットにお勧め「温野菜」得られるメリットと最適な食べ方

公開日:2018/09/12 / 最終更新日:2022/06/08

大野 由実大野 由実先生

ダイエットにお勧め「温野菜」得られるメリットと最適な食べ方

「ダイエットしたいから炭水化物をセーブして、なるべく野菜を食べるようにしている」という女性は多いもの。その際に、野菜を加熱してから食べると、さらに体に良い効果が期待できます。
では、温野菜にはどのようなメリットがあるのか、ダイエットに最適な食べ方とあわせて見ていきましょう。

ダイエット向き! 温野菜のメリット

・体を冷やしにくい
冷たい生野菜を食べすぎると、体が冷えて代謝が落ちてしまいます。生野菜ではなく温野菜に調理することで、体を冷やさずに食べることができるため、代謝の低下を防ぐことができるのです。

・栄養吸収率が良い
ブロッコリーやキャベツに含まれる鉄分は、加熱することで栄養吸収率がアップします。また、温かい状態で食べると胃腸に負担がかからないため、消化吸収を高めることにもつながります。

・たくさん食べられる
温野菜にするとかさが減るため、たくさんの野菜を食べることができます。「カロリー過多になるのでは?」と思われるかもしれませんが、もともと野菜は低カロリー。摂取カロリーを抑えながら罪悪感なく満足できるため、ストレスを溜めることなくダイエットを続けられます。

ダイエットに適した温野菜の食べ方

・ビタミンCが多いものはレンジ加熱で
ブロッコリーやキャベツなど、ビタミンCが多いものは加熱時間が長くなると栄養素が壊れてしまうため、電子レンジで短時間加熱しましょう。ビタミンCの損失を最低限に防げるため、ダイエット中の肌荒れ防止にも役立ちます。

・βカロテンが多いものは油と一緒に
にんじんやほうれん草などに含まれるβカロテンは、油と一緒に食べることで吸収率が高まります。油で炒めたり、オリーブオイル入りのドレッシングと一緒に食べたりしましょう。

・イモ類やかぼちゃは控えめに
イモ類やかぼちゃは、他の野菜と比べると糖質が多く含まれています。糖質の摂りすぎは肥満の原因になるため、ダイエット中は食べる量を制限しましょう。

・タンパク質の多い食品と一緒に食べる
野菜は栄養豊富の食材ですが、毎食が野菜だけではタンパク質不足になってしまいます。タンパク質は、筋肉や代謝を維持するために欠かせない栄養素。ダイエットには必須となるため、タンパク質の多い食品と野菜をセットで食べるようにしましょう。
タンパク質は鶏ささみや赤身肉、魚類、大豆製品、卵、乳製品に多く含まれています。どれか1つに偏らずに、バランス良く食べることが大切です。

味もさまざまで歯ごたえのある野菜は、ダイエット中の満足感を高めてくれます。栄養たっぷりの野菜を温めて、おいしく効率的にダイエットに励みましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。

大野 由実先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422