美しさは睡眠でキープ? 美容に効く「睡眠法」

公開日:2019/11/07 / 最終更新日:2020/06/21

大野 由実大野 由実先生

美しさは睡眠でキープ? 美容に効く「睡眠法」

美容と睡眠は密接に関わり合っていますが、長時間眠れば眠るほど美しくなるのかといえば、そうではありません。適度な睡眠時間を確保することはもちろん大切ですが、美容のためには睡眠の質も重要です。
ここでは、美容効果を高めるために睡眠の質を上げる方法をご紹介します。

■美容と睡眠時間の関係

美肌を作るために欠かせないのが「成長ホルモン」と「メラトニン」です。成長ホルモンは肌の新陳代謝に貢献する物質で、メラトニンは肌の修復をしたり免疫力を高めたりするなど、アンチエイジング作用を持っています。十分な睡眠時間をとり、睡眠の質を上げることで、これらの物質の分泌を活性化させることができるのです。

■美容に効く睡眠の取り方

睡眠をどのように取るかで、美容効果は大きく変わります。成長ホルモンやメラトニンの恩恵を最大限受けるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

・午前0時までには寝る

「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、美肌作りの土台となるメラトニンは、午前0時~3時の間にもっとも分泌が盛んになります。そのため、美容効果を期待するのであれば0時までに寝ることが大切です。

・寝る3時間前に食事を済ませておく

胃腸が動いた状態でいると眠りが浅くなってしまい、良質な睡眠をとることはできません。そのため、寝る3時間前を目安に食事を済ませるようにしてください。
どうしても食事が遅くなってしまう場合は、おかゆなどの消化のよいものを少しだけ食べるようにしましょう。

・最初の3時間はしっかりと寝る

成長ホルモンは、眠り始めの3時間で集中的に分泌されるため、最初の3時間はしっかりと眠ることが重要です。ソファで寝ていたりアルコールを摂っていたりすると眠りが浅くなり、成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。
夜はしっかりとベッドで寝ることと、お酒は飲みすぎないことを心掛けてください。

・寝る直前はスマホやパソコンを見ない

電子機器から出るブルーライトはメラトニンの分泌を抑制するため、パソコンやスマホを寝る直前まで使っていると、良質な睡眠をとることができません。寝る3時間前くらいからは、電子機器を使わないようにするのがベストです。

美容効果を期待するのであれば、十分な睡眠時間に加えて睡眠の質も重要になります。0時までに寝るのは難しいという方でも、食事をなるべく早く済ませておく、寝る前にはスマホやパソコンを見ない、などできることから始めると良いでしょう。睡眠の質を上げて美肌を目指してください。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。