レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

運動不足がシミを作る!? シミの原因・対処方法について

公開日:2017/12/14 / 最終更新日:2019/08/08

大野 由実大野 由実先生

運動不足がシミを作る!? シミの原因・対処方法について

適度な運動は血行を促進させ代謝を高める効果があり、美肌を作る上でも欠かせないもの。そのため運動不足になると代謝が低下し、肌荒れが進行する原因になってしまうこともあります。
運動不足がシミを作ってしまう原因や、お勧めの運動方法についてご紹介します。

運動不足がシミを作る原因とは

運動不足で血行が悪くなると細い毛細血管にまで血行や栄養な行き渡らなくなり、肌のくすみやターンオーバーの乱れが深刻化してシミの発生・悪化を引き起こしてしまいます。肌の中でも特に皮膚の薄い目元はくすみができやすく、目の下にクマとなって現れてしまうこともあるため注意が必要です。
また、運動不足により筋肉が使われずにいるとリンパ液の流れも滞ってしまいます。リンパ液は毛細血管から老廃物や疲労物質・細菌・異物などを排出する役割がある機関なので、働きが低下するとこれらの物質が排出されず体内に溜まってしまう原因に。老廃物や疲労物質が蓄積されると、新陳代謝が低下し肌のくすみの悪化や色素沈着を助長しシミを作る原因になってしまうのです。

美肌を作るために取り入れたい運動とは?

・ウォーキング

ウォーキングは体への普段が少ないため、無理なく日常的に続けていける運動のひとつです。初めは自分のペースで良いですが、少しスピードを上げて歩くようにすると心拍数が上がりより運動効果を期待できます。毎日の通勤で一駅分多く歩く、犬の散歩を早足で行うなどしてなるべく毎日続けていきましょう。

・ジョギング

ウォーキングに慣れてきて体力がある方は、ウォーキングよりも軽いジョギングを取り入れるのがお勧め。ジョギングは体に対する負荷が大きいため筋力アップにつながりますし、ウォーキングよりも骨に刺激が伝わりやすいのでコラーゲン合成が活発になる効果も期待できます。ただジョギングは膝への負担が大きいため、ひざ痛がある方や高齢の方・体重がある方はウォーキングから始めて様子を見るか、無理のない範囲で行っていくことが大切です。

運動を行う際の注意点

運動の習慣を取り入れることは美容・健康の維持にとても重要ですが、息が切れてしまうような激しい運動は体への負荷が大きいためなるべく控えるほうがベター。なるべく無理なく毎日行えるような運動を生活に取り入れ、体の内側から若々しい美肌を作っていきましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。

大野 由実先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422