噛むことが美容と健康につながる! 咀嚼による4つのメリット

公開日:2017/06/12 / 最終更新日:2019/08/23

大野 由実大野 由実先生

噛むことが美容と健康につながる! 咀嚼による4つのメリット

食事をドリンクに置き換えるダイエット法は有名で実行している人もいるでしょう。
しかし、「飲むだけ」というのは、美容や健康にとってマイナスになってしまうことをご存じですか? 摂取カロリーは確かに減るかもしれませんが、固形分をきちんと「噛む」ことが、美容や健康にとっては欠かせないのです。咀嚼の重要性について紹介いたします。

病気を予防する効果が期待できる

唾液には、発がん性物質が作り出してしまう「活性酸素」を消してくれるペルオキシダーゼが含まれています。よく噛んで唾液がたくさん分泌されると、がん予防や心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化などを予防する効果が期待できます。また、よく噛むことで副交感神経が刺激されてリンパ球が増加し、免疫力が高まります。病気や風邪を予防するためにも、噛むことは大切なのです。

口内の病気も予防できる

唾液には、抗菌・殺菌効果がある成分が含まれており、よく噛んで唾液を分泌することで、虫歯になりにくく、歯周病の予防にもなります。また、噛むことで唾液腺ホルモンが分泌されて、歯や骨の発育を促して新陳代謝をよくします。唾液腺ホルモンの分泌は、年齢を重ねても健康な歯と歯茎を保つことにつながるので、健康な歯があるときに良く噛むように注意することが大切です。

ダイエットや美容効果が期待できる

よく噛むと唾液のほかに脳内ホルモンのヒスタミンが分泌されます。ヒスタミンは血糖値の上昇を早め、満腹中枢を刺激してくれるので食べ過ぎを防げます。また、味覚が刺激されるとノルアドレナリンという物質が分泌されます。ノルアドレナリンは、熱エネルギーが出やすくなり脂肪の代謝を促進させるので、ダイエット効果が得られます。
さらに、噛むことで口の周りをはじめ、顔の筋肉が鍛えられるのでしわやたるみの予防ができ、リフトアップ効果も期待できるでしょう。

よく噛むと幸せになれる!?

咀嚼すると、「幸せホルモン」と呼ばれているセロトニンが分泌されます。リラックス効果やストレス解消効果などがあるセロトニンが分泌されることで、穏やかな精神状態を保つことができるでしょう。

これらの効果を得るためには、1口30回、一食で1500回以上は咀嚼したほうがいいです。回数にこだわりすぎると食事が楽しくなくなってしまいますので、食べ物が消化されやすいくらい小さくなるまで噛む、という程度で大丈夫です。毎食よく噛んで、美容と健康を手に入れましょう!

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。