レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

「豆腐」や「豆乳」でツヤのある髪や肌が手に入る理由

公開日:2018/01/20 / 最終更新日:2022/09/09

大野 由実大野 由実先生

「豆腐」や「豆乳」でツヤのある髪や肌が手に入る理由

豆腐や豆乳にはさまざまな栄養素が含まれていますが、なかでも注目したいのが髪や肌の健康のために効果的な成分。
一体どのような成分が美肌に効果的なのかご紹介します。

豆腐や豆乳に含まれる栄養素がポイント

豆腐や豆乳には、イソフラボンが含まれます。イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た化学構造を持っており、ホルモンバランスを整える効果が期待できる栄養素です。女性ホルモンは女性の健康にとってなくてはならないホルモンで、女性らしい丸みのある体つきを作ったり、ツヤのある魅力的な髪や、ハリがあって柔軟な肌を作ったりするために欠かせません。
しかし、睡眠不足や過度のストレスにさらされると、ホルモンバランスは乱れやすくなってしまいます。さらに、気分が苛立ったり、生理不順などが起こったりする恐れも……。豆腐は栄養バランスにすぐれた食材なため、献立に加えることで食事面から肉体と精神を支える効果が期待できます。
さらに、豆腐や豆乳には「幸福ホルモン」の別名を持つ、セロトニンの原料となるビタミンやナイアシンが含まれていることがわかっています。セロトニンは、体温の調節や精神の安定などをはかる役割を持っているため、不足すると安定した生活リズムを作ることが難しくなります。
特に、生活リズムのなかでも睡眠は重要です。睡眠中に肌を修復するための成長ホルモンが分泌されるため、若々しい素肌を保ちたいと考えるなら、積極的に豆腐や豆乳をとり入れて生活リズムを整えましょう。

豆腐には便秘解消効果も

便秘症になると、腸内環境が悪化し、毒素が皮膚に悪影響を与えてニキビや吹き出物の原因となります。美肌を保つために、便秘は百害あって一利なしといえるでしょう。その点、豆腐には豊富な食物繊維が含まれているので便秘解消にお勧め。
さらに、低カロリーで調理しなくてもそのまま食べることができる豆腐は、忙しい朝にもぴったりな食材。時間があれば、豆腐のお味噌汁を作って飲むと、体を温めることもできて一石二鳥です。ただ、冷たいもののとりすぎで内臓が冷えてしまうと、血行が鈍くなって内臓のはたらきが弱まり便秘が起きやすくなるため、できるだけ温かい状態の豆腐を食べる方が好ましいです。

身近な食材である豆腐や豆乳はお手頃な価格のため、食卓にのせやすいのも嬉しい点。効果的に栄養素をとり入れて、美肌を作り出しましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。

大野 由実先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422