レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

メイクの色素沈着も原因? 目尻がくすむ理由&対策方法とは

公開日:2019/01/07 / 最終更新日:2022/06/02

牧野 輝美牧野 輝美先生

メイクの色素沈着も原因? 目尻がくすむ理由&対策方法とは

目尻がどんよりと黒くくすんでしまうと、不健康な顔つきに見えてしまいます。
目尻に黒っぽい色素沈着が起きてしまう原因はさまざまですが、普段の何気ない行動やメイクが原因になっていることがあります。
目尻の色素沈着によるくすみが起きてしまう原因と、対策方法についてチェックしてみましょう。

目尻に黒いくすみが起きてしまう原因

目尻がどんよりとくすんでしまう原因はさまざまです。目元の皮膚は頬などの皮膚の約1/3程度の薄さだといわれていて、とてもデリケート。眼球に栄養や酸素を運んだりするために多くの血管が通っている上に、それを支える骨もありません。
そんなデリケートな目元は、少しの刺激でも肌ダメージによるくすみが起きてしまうもの。眠いときや目がかゆいとき、花粉症などのアレルギーがあるときについつい目をこすってしまう方もいると思います。しかし、目元は少しこするだけでも色素沈着が起きてしまうので注意が必要です。

メイクやメイク落としがくすみにつながる?

目元を華やかに見せるためにきちんとアイメイクをする女性は多いでしょう。しかし、メイクは多かれ少なかれ肌に負担を与えてしまうもの。古い化粧品や汚れたチップ、ブラシなどを使い続けることも、目尻へのダメージにつながりやすいので注意が必要です。
また、メイクを落とすクレンジングのときにゴシゴシと目のまわりをこすってしまい、色素沈着が起きてしまうケースもあります。
目尻に色素沈着が起きてしまうと、それをカバーしようとして濃いアイメイクをしてしまうこともありますが、濃いアイメイクを落とそうとすると、メイク落としにもついつい力が入ってしまいます。すると目元にはますます負担がかかり、さらなる色素沈着が起きるという負のループに陥ってしまうこともあるのです。

目尻の色素沈着を防ぐための対策方法

目尻の色素沈着を改善するためには、目元に刺激を与えないことがなによりも大切です。アイメイクやクレンジング、洗顔をするときにはこすったりせず、刺激が起きないように優しく触れるようにしましょう。古い化粧品の使用を避け、メイク道具をこまめに洗ったり取り替えたりして清潔さをキープすることも大切です。
また、汗や皮脂に強い濃いアイメイクを落とすためには、目元専用のリムーバーを使用するのがお勧めです。コットンにたっぷりのリムーバーを取り、力を入れずにメイクオフをしたら綿棒などを使って細かい部分もしっかりと落としましょう。
クレンジング後や洗顔後の肌には、目元専用のアイクリームや、目元のくすみを改善してくれる美白化粧品なども取り入れて目尻のケアをすることも忘れずに。

目元のケア方法を間違えたままでは、目尻の色素沈着がどんどん進んで改善しにくくなってしまいます。まずは毎日のメイクやメイク落としを見直してみることが、目尻のくすみを改善するための近道といえるでしょう。
目元への負担をなるべく少なくして、黒ずみのない明るい目元をキープしましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-96-5454