レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

大人ニキビの代表格「あごニキビ」の原因と対策は?

公開日:2015/04/09 / 最終更新日:2015/04/09

城野 親徳城野 親徳総院長

ニキビ(.bmp

20代以降の「大人ニキビ」は、Tゾーンや鼻の周りなどにできやすい「思春期ニキビ」と異なり、あごにできることも多いものです。
あごのニキビは、手や髪の毛があたることなど多く、一度できると炎症が治まりにくいのが特徴です。
あごニキビの原因と予防・改善法などについてお伝えします。

あごニキビの原因は?

あごニキビなど大人ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れストレスなどによるものが大きいと考えられます。

女性の場合、生理前の黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増える時期は、どうしても皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやすい肌の状態になります。

また、スキンケアの誤りがニキビの原因になっている場合も。あごは洗顔料のすすぎ残しなどが起こりやすい場所です。洗顔の際には、フェイスラインまでしっかりとすすぎましょう。

あごニキビの対策は?

上記でもおつたえしたように、あごニキビはひとつの原因によっておこるよりも、様々な要因が組み合わさって引き起こることが多いものです。以下のようなことに気をつけて予防・改善を目指しましょう!

【良質な睡眠を心がける】
肌のターンオーバーを正常に保つだけでなく、ストレス解消やホルモンバランスを保つためにも質の良い睡眠は大切です。忙しくても睡眠時間はしっかりと確保するように意識しましょう。また、寝室をリラックスしやすい照明にしたり、自分に合った寝具を選ぶなど、よく眠れる環境を整えるのもオススメです。

【規則正しく、バランスの良い食事】
食事はなるべく3食を規則正しく摂るようにしましょう。甘いものや油っこいものの食べ過ぎは避け、ビタミン・ミネラル類・食物繊維などをバランスよく摂るようにしましょう。生理前にニキビができやすい場合は、この時期に豆乳など大豆製品を積極的に摂ることでホルモンバランスを整えることに役立ちます。

【ストレスを上手に解消する】
ストレスがまったくない生活というのはありえないもの。ストレスによるイライラや不快感を感じた時に我慢して抱え込みすぎるのは、お肌に悪影響です。ストレスが多い時にはリラックスする時間を長めにとったり、自分なりのストレス解消法を見つけて上手にストレスを発散していくようにしましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422