レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

角質ケアでは改善できない!? 「たるみ毛穴」のケア

公開日:2015/03/28 / 最終更新日:2015/03/28

城野 親徳城野 親徳総院長

室内にいても空気が乾燥して、肌表面の水分と油分のバランスが崩れがちな今の季節。暑いわけでもないのに「毛穴の開き」が目立つというお悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレンジングや角栓ケアなどを丁寧に行っても毛穴が目立ってしまうとしたら、皮脂づまりなどの毛穴汚れより、たるみによって毛穴が開いてしまうことが問題となっっている可能性があります。

美容皮膚科「シロノクリニック大阪」美容・健康マニアが、「たるみ毛穴」の原因と改善のためのケア方法についてご紹介いたします。

肌のたるみが毛穴を目立たせる原因に!?

毛穴は本来、体温調整などのために開いたり閉じたりするもの。ところがこうした機能とは関係なく、、肌のたるみによって引っ張られて毛穴が広がってしまうことがあります。これが「たるみ毛穴」です。

縦長や楕円形の毛穴が目立ったり、肌を引き上げた時に毛穴が目立ちにくくなったりするのであれば、たるみ毛穴かもしれません。

「たるみ毛穴」改善のためのケア

たるみ毛穴の原因は、その名の通り加齢や乾燥による肌の弾力性の衰えによって引き起こされる「たるみ」です。このため角質ケア(ピーリングなど)通常の毛穴ケアだけでは改善できません。以下のようなケアを心がけましょう。

【スキンケアで保湿を万全に】
乾燥は肌の弾力性を失わせ、たるみの原因となります。肌にたっぷりと水分を補うため、保湿効果の高い化粧品や美容液を使ってケアしましょう。ビタミンC誘導体を含む美容液効果的です。

 【食事でたんぱく質とビタミンCを摂る】
体内でコラーゲンが生成されるためには、コラーゲンの主成分である、アミノ酸の元となるたんぱく質を食事からしっかりと摂ることが大切です。あわせてコラーゲンの生成を助ける、ビタミンCも摂るようにしましょう。

 【表情筋を鍛える】
顔の表情を作る「表情筋」の衰えもたるみ毛穴の原因になります。大きく「あ・い・う・え・お」と口の形を作ったり、大げさに表情をつくてみたりといった、表情筋のエクササイズで表情筋を意識的に動かすようにしましょう。

毛穴が目立つと、つい化粧が厚くなって肌に負担をかけたりと悪循環に陥ることも多いもの。しっかりと毛穴ケアして毛穴の目立たない「つるすべ肌」を目指しましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422