レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

気がついたら足にシミが! 足にシミができる原因とは?

公開日:2016/01/15 / 最終更新日:2016/01/15

城野 親徳城野 親徳総院長

顔にシミができてしまうことは、さほど珍しいことではありません。
紫外線対策をしっかり行わなかったことが顔のシミの大きな原因です。では足はどうでしょう?
気づいたら足にシミができていたということもあるでしょう。そこで今回は足にシミができる原因について紹介します。

足のシミは炎症性色素沈着がほとんど

足は顔や腕に比べるとシミができにくい部位です。それでもシミができている場合は、炎症性色素沈着が原因の一つです。炎症性色素沈着とは、虫刺されのあとや掻きむしってしまった痕が残りシミになってしまう現象です。
ほかにも足のムダ毛をカミソリで処理することが多い人も炎症性色素沈着を引き起こしやすいといわれています。足のシミは、肌に負担がかかってしまうことでできてしまうことが多いです。

もちろん紫外線も原因のひとつ

足のシミの多くは炎症性色素沈着ですが、もちろん紫外線もシミの原因となります。顔や腕に比べると足にまで紫外線対策を毎回きっちりと行う人はすくないのではないでしょうか。膝の上は日焼けをしやすいから塗っていても、足の甲は見落としがちです。こういったところにシミができやすいので気をつけたいところです。「特に若いころは日焼けをしていた」という人は、年齢を重ねたときに老人性色素斑になってしまうことも考えられます。

足のシミを防ぐには

炎症性色素沈着を防ぐには、まずは虫刺されや肌の炎症を悪化させないことがポイントです。特に虫刺されは、掻きすぎてしまうことが原因なので、掻く前に市販の薬を塗ったり、冷やしたりして対策をとります。

肌荒れなどでかゆみを感じやすいという体質の人は、保湿をしっかりとしてかゆみを引き起こさないようにケアしましょう。
アトピーなど慢性的に皮膚のかゆみと戦っている人は、処方薬を上手に使いながら炎症を悪化させないように気をつけましょう。老人性色素斑を防ぐには、紫外線対策がカギです。
プールや海水浴に行くときだけでなく、普段から日焼け止めクリームを塗るなどして、紫外線対策をしっかりすることが肝心です。

できてしまったシミには

すでに足にシミができてしまった場合は、顔用の美白クリームやシミ対策クリームを塗ってケアをしましょう。即効性はありませんが、毎日ケアすることで徐々にシミが薄くなることもあります。シミが濃すぎる場合は、クリニックでレーザー治療もできますので、気になる場合は、相談してみるのもオススメです。

女性ににとってシミは作りたくないものです。シミに合った対策を早めにとるようにしましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422