レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

効率よく「コラーゲン」を摂るために知っておきたいこと

公開日:2015/04/18 / 最終更新日:2015/04/18

城野 親徳城野 親徳総院長

私たちの肌の9割を占め、ハリや弾力を支えているタンパク質といえば、「コラーゲン」ですね。
コラーゲンは、体内で生成されますが、年齢を重ねるにしたがって体内で作り出される量が少なくなり、質も低下してしまいます。そして体内のコラーゲンが減少すると肌が乾燥したり、ハリを失ってシワやたるみが生じたりする原因に。
若々しいお肌を保つために食事やサプリメント、ドリンクなどで積極的にコラーゲンを摂取しているという方も多いのではないでしょうか。
今回は、コラーゲンを効率よく摂るために知っておきたいポイントについてご紹介いたします。

コラーゲンと一緒に摂りたい成分

お肌のためにコラーゲンを摂るのであれば、コラーゲンだけを摂ればよいというわけではありません。以下のような成分も合わせて摂ることが大切です。

・ビタミンC
ビタミンCは、コラーゲンの吸収を助けてくれるため、コラーゲンを摂るときにはビタミンCを一緒に摂ると効果的です。またビタミンCには、体内でのコラーゲン生成を促す働きもあります。

・エラスチン
肌の奥でコラーゲン線維を支える役割を果たしているのがエラスチンです。エラスチンも加齢により減少していくため、コラーゲンと合わせて摂取することをオススメします。

・ヒアルロン酸
肌の水分を保つ役割を持つヒアルロン酸も加齢に伴い減少します。ヒアルロン酸には、コラーゲンとエラスチンを結びつける働きもあるため、こちらもコラーゲンと合わせて摂りたい成分です。

吸収されやすさに注目して選ぶ

コラーゲンは、大きな分子で構成されているため、普通に食事から摂取しても大部分は吸収されません。
コラーゲンドリンクやサプリメントには、体内に吸収されやすく、低分子化したものが開発されています。効率よく摂るには、こうしたものを選ぶのが良いでしょう。

コラーゲン製品の原料には、豚や鳥など動物性のものと、ふかひれやすっぽんなどの海洋性のものがあります。海洋性のコラーゲンは、動物性のものと比べ吸収性が高いのが特徴です。ドリンクなどを選ぶ際には、コラーゲンの原料にも注目してみることヲオススメします。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-114-422