レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

ファスティングとはどんなもの? 正しい方法と注意点をご紹介

公開日:2020/01/23 / 最終更新日:2020/05/26

笠井 美貴子笠井 美貴子先生

ファスティングとはどんなもの? 正しい方法と注意点をご紹介

ダイエットを始めるうえで、「ファスティング」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。ファスティングは簡単にいうと断食のことで、固形物を食べない期間を作り、摂取カロリーを抑える方法です。本来は身体に溜まってしまった毒素を排出する目的で行いますが、体重減少にも効果があることからダイエット方法としても注目されています。

しかし、間違った方法でファスティングを行うと、体調を崩す心配があるため注意が必要です。ここでは、ファスティングによって身体に起こる変化と、行う際の注意点をご紹介します。

■ファスティングすることで起こる身体の変化

固形物を一定期間口にしないファスティングを行うと、身体にどのような変化が起こるのでしょうか。

・腸内環境が整う

1日3回の食事や間食によって、胃や腸は休むことなく活動を続けています。内臓が疲れると、身体の中にある毒素を排出する機能も弱ってくるため、病気になりやすいです。
ファスティングで固形物を食べない期間を作り内臓を休ませることで、腸内環境を整えられます。

・デトックス効果が得られる

腸内環境が整うため、便秘の解消につながります。また、身体の中にある毒素を排出するデトックス効果も得られます。
肌トラブルの原因を体内から取り除くので、ファスティングは美肌作りにも効果的です。

・代謝が上がり、瘦せやすくなる

ファスティング中は、食べ物の消化に使われていたエネルギーが細胞の再生や修復など消化以外に使われるため、代謝が活発になり瘦せやすくなります。

■ファスティング成功の秘訣と注意点は?

ファスティングは無理のない計画をたてることが成功の秘訣です。無理なファスティングは身体に負担をかけ、体調不良を引き起こす可能性もあります。実際に断食を始める場合は、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

・準備期間

準備期間は、身体がファスティングに慣れるための大事な時間です。
ファスティングを開始する前日は、油分の多いものや高カロリーなものは避け、消化が良く胃に負担がかかりにくいものを食べるようにしましょう。

・ファスティング期間

ファスティング期間中は固形物を口にせず、具の入っていないスープや野菜ジュース、水分を摂って過ごします。1日2~2.5リットルは水分を摂取するようにしましょう。ビタミンやミネラルなどの栄養素が凝縮された酵素ドリンクを飲むのも効果的です。

・回復期間

ファスティング期間と同じ日数だけ、回復期間も設ける必要があります。急に高カロリー、高脂質なものを食べると胃腸に負担がかかるだけでなく、リバウンドの原因になるので注意しましょう。
最初はおかゆなどの柔らかい食品から食べ始め、徐々に固形物を食べるなど、身体を慣らしていくことが大事です。

ファスティングを成功させるためには、自身の体調とも相談しながら、無理をしないで取り組むことが大切です。
断食する期間や回数によっては身体に負担がかかるため、週末限定や月に1、2回といった期間で計画を立て、正しい方法でファスティングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

Profile このコラムは私が担当しました!

笠井 美貴子

笠井 美貴子先生かさい みきこ

シロノクリニック銀座

丁寧なカウンセリングと豊富な知識に基づく確かな治療で、多くの患者様から厚い信頼を獲得。 美への探究心が強く、結果に差がつく高い技術と気さくな人柄で心身共にトータルで美を提供します。

笠井 美貴子先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック銀座院

シロノクリニック銀座院

〒104-0061

東京都中央区銀座2-6-4 竹中銀座ビルディング 4階

0120-99-7474