レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

むくみを食事で改善できる? むくみ解消のために摂取したい食べ物とは

公開日:2020/01/23 / 最終更新日:2022/02/01

佐藤美佐藤美先生

むくみを食事で改善できる? むくみ解消のために摂取したい食べ物とは

朝起きたら顔や足がむくんでいたことがある方も多いのではないでしょうか。むくみは塩分の摂り過ぎや体内に溜まった老廃物、冷え、長時間同じ姿勢でいることが主な原因で、女性は特に悩まされることが多いです。

そこで今回は、むくみ解消のために積極的に摂取したい食べ物をご紹介します。

■むくみ解消のために摂りたい食材

・きゅうり

きゅうりには、むくみの原因であるナトリウム(塩分)を排出する効果を持つカリウムが豊富に含まれています。また、体内の水分量を調整するサポニンという成分も含まれているため、むくみの解消にお勧めです。

ただし、きゅうりは身体を冷やす作用もあるので、食べ過ぎは逆にむくみを悪化させてしまう可能性があります。お酢と組み合わせたり、温かい野菜スープにして摂取したりするなど、身体を冷やさないように注意が必要です。

・アボカド

森のバターと呼ばれるアボカドもカリウムが豊富です。また、抗酸化作用がありアンチエイジングや冷え性改善に効果的なビタミンE、脂肪燃焼を助ける働きを持つビタミンB2など、美容に嬉しい成分も多く含まれています。

・レモン

クエン酸に体内の老廃物を排出する効果があるほか、ビタミンCによる血行改善も期待できます。また、レモンに含まれるポリフェノール「レモン由来酵素処理ヘスペリジン」は、顔のむくみを軽減する効果があるという臨床結果があるため、むくみ解消のために積極的に摂りたい食材です。

・タラの芽

タラの芽にもカリウムが豊富に含まれています。また、タラの芽特有の苦みとなっている成分にはアルコールの吸収を抑える作用があるので、お酒を飲む際はタラの芽も一緒に摂ることをお勧めします。

・プルーン

カリウム、ビタミンE、クエン酸が多く含まれており、体内をデトックスしてむくみを解消するのにぴったりの食材です。

・大豆製品

大豆にはホルモンバランスを整えるビタミンB6が含まれているため、生理前のむくみを抑制することができます。

■むくみを予防するためには

むくみを解消することはもちろんですが、むくんでしまう前に予防することも大切です。
長時間同じ姿勢を取らない、適度に足を動かす、加工食品をはじめとした塩分の多い食べ物は控えるなど、日々むくまないような行動を心掛けましょう。

むくみは体内の老廃物を排出したり、水分量を調節したりすることで解消することができます。
むくんでしまった際は、ぜひ今回ご紹介した食べ物を試してみてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

佐藤美

佐藤美先生さとう よしみ

シロノクリニック恵比寿

結果に差を出すエキスパート 技術の高さや経験はもちろん、髙いセンスも重要視される美容医療。そのすべてに長けている精鋭のドクター。ホスピタリティの気持ちを忘れず、きめ細かな対応で患者さまの笑顔のためなら努力を惜しみません。

佐藤美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422