体内から予防・改善! シミ対策に有効な栄養素&食べ物

公開日:2018/05/12 / 最終更新日:2019/08/21

大野 由実大野 由実先生

体内から予防・改善! シミ対策に有効な栄養素&食べ物

年齢を重ねるごとに増えていくシミですが、予防や改善のためにはスキンケアを頑張るだけでなく、十分な栄養を補って体の内側から肌質の改善に努めることが大切です。
そこで今回は、シミ対策にはどのような栄養素が必要なのか、お勧めの食べ物とあわせて詳しくご紹介します。

シミ対策に有効な栄養素と食べ物

・ビタミンC
ビタミンCにはメラニンの生成を抑える作用と、色素沈着してしまったメラニンの解消に期待ができます。そのため、ビタミンCを摂ることで将来のシミをできにくくし、すでにできてしまったシミを改善するという2つの働きを担ってくれるのです。また、ビタミンCにはコラーゲンの生成をサポートする力もあります。透明感のある肌を手に入れたい方には、欠かすことのできない栄養素といえるでしょう。
~ビタミンCを多く含む食べ物~
赤ピーマン、黄ピーマン、芽キャベツ、アセロラ、柑橘類、いちご、キウイ、柿など

・ビタミンA
ビタミンAには肌のターンオーバーを促してメラニンの沈着を防ぐ働きがあるため、シミ予防に効果的です。また、肌に潤いを与える効果も期待できるので、乾燥肌で悩む方にもお勧めです。しかし、ビタミンAは身体に蓄積されやすいので、サプリメントで摂取すると過剰症になってしまう恐れがあります。サプリメントは避けて、以下のような食べ物から摂取するようにしましょう。
~ビタミンAを多く含む食べ物~
レバー、うなぎ、ホタルイカ、銀ダラ、モロヘイヤ、にんじん、ほうれん草、かぼちゃなど

・ビタミンB群
ビタミンB群は皮膚の健康を保ち、炎症を抑えることでメラニンの生成を抑える働きがあります。ただしビタミンCとビタミンB群は、ストレスなどがあると消費されやすいという特徴もある栄養素。以下のような食べ物で摂ることが望まれますが、補えきれないときにはサプリメントで補充しても良いでしょう。
~ビタミンB群を多く含む食べ物~
ビタミンB1………玄米、大豆、レバー、豚肉など
ビタミンB2………豚肉、納豆、牛乳、ヨーグルト、うなぎなど
ビタミンB6………レバー、サンマ、マグロ、卵など

・タンパク質
タンパク質は皮膚の主成分であり、弾力を保つためのコラーゲンの元にもなります。不足すると肌荒れや炎症が起こりやすくなってシミの生成につながるので、意識して摂取しましょう。とくにダイエットをしている方は不足しがちな栄養素のため注意が必要です。大豆製品だけでなく、必須アミノ酸を含む肉類や、質の良い脂を含む魚類も食べるようにしましょう。
~タンパク質を多く含む食べ物~
肉、魚、大豆製品(豆腐や納豆など)、卵、乳製品など

今回ご紹介したものは、シミ予防はもちろん、健やか素肌を作るために欠かせない栄養素ばかりです。積極的に摂り入れて、内側から輝く肌を手に入れてくださいね。

Profile このコラムは私が担当しました!

大野 由実

大野 由実先生おおの ゆみ

シロノクリニック恵比寿

豊富な知識と経験に基づく、的確かつ丁寧なカウンセリングが人気。最新技術の更新に積極的で、ドクター陣からの信頼も厚く、指導も兼務。 注入やたるみ治療など、豊富な経験が物を言う治療法を熟知しています。