レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

冬は顔のたるみが気になる…… その原因とケア方法を徹底解説

公開日:2019/12/14 / 最終更新日:2020/05/26

牧野 輝美牧野 輝美先生

冬は顔のたるみが気になる…… その原因とケア方法を徹底解説

年齢を重ねるにつれて気になるのが顔のたるみ。女性は季節問わずたるみが気になるものですが、冬場は特に顔のたるみが気になる方も多いのではないでしょうか。
ここでは、冬場に顔がたるむ原因と対策・ケア方法について解説します。

■どうして「たるむ」のか?

人の身体や顔にはさまざまな筋肉がありますが、その筋力が衰え皮膚や脂肪を支えきれなくなることで、たるみが発生します。

また、加齢による肌の衰えも考えられます。肌にもともと含まれるコラーゲンは肌の弾力を保つ役割を持ちますが、加齢によって失われていき、肌の弾力が少しずつなくなってしまうのです。

■冬は顔のたるみが気になるのはどうして?

身体は筋肉を縮めることで熱を作り出しますが、収縮し硬くなった筋肉はコリやむくみ、たるみの原因になります。また、乾燥により肌のハリが失わることもたるみにつながります。
寒い冬の時期は筋肉が硬くなりやすく、肌も乾燥しがちなので、顔もたるみやすいのです。

■冬場でもできる顔のたるみケアの方法

実際、どのように顔のたるみをケアすれば良いのでしょうか。できるだけ手軽かつ簡単に、いつでもできるたるみケアを押さえておきましょう。

・顔の筋肉を動かす「エクササイズ」

目の周り、頬、あご肉、口周りなど、顔の中の筋肉はさまざまな部位に分かれています。普段、自宅にいるときや人目につかないところで、以下のようなエクササイズを行い、顔の筋肉を意識して動かすようにしましょう。

-口を大きく開け閉めする
-目をぎゅっとつむって大きく見開く
-思いっきり変顔をする

できるだけ、顔の筋肉をたくさん使うように心掛けることが大切です。

・寒さ対策をしよう

冬は寒さによって筋肉の動きが鈍くなり、コリが酷くなったり血液の循環が滞ったりしてしまいます。
これらはたるみを助長するため、半身浴や防寒グッズを使って身体を温めるなど、老廃物が溜まらないよう気を付けましょう。

・基本のスキンケアを続ける

乾燥し肌の水分量が不足すると表面のハリが失われ、結果として顔のたるみが起こりやすくなります。
乾燥しやすい冬場はしっかりとスキンケアをしたいものです。

たっぷりの水分と程よい油分をバランス良く含んだ肌は、さまざまな肌トラブルを跳ね返す強さをもっています。スキンケアによって、弾力のあるたるみにくい肌作りを意識しましょう。

たるみは主に、筋肉の衰えや肌の乾燥が原因です。
特に、寒くなる冬は身体のあちこちに異変が生じる季節なので、常に体調管理を忘れずに、適度な運動やスキンケアを行うよう心掛けましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2丁目19−12 横浜スカイビル 16F

0120-965-454