化粧水の直後はNG!? 乳液をつける正しいタイミング

公開日:2018/01/03 / 最終更新日:2019/08/08

徳永 真理徳永 真理先生

化粧水の直後はNG!? 乳液をつける正しいタイミング

毎日のスキンケアの中で、何気なくつけている乳液。実は、正しいつけ方があります。ここでは、乳液をつける正しいタイミングをご紹介します。

乳液の役割を見直すことが大切なポイント

乳液は、肌に補った水分の蒸発を防ぐ役割を持っています。乳液で肌に蓋をすることでうるおいが持続するので、肌の乾燥を防ぐことができます。肌の乾燥は、シミやしわなどのさまざまな肌トラブルの原因となるので、乳液は大切な役割を持っていることになります。
ただ、化粧水をつけた直後は、化粧水が肌に馴染んでおらず、水分が角質層に浸透していない状態です。この状態で乳液をつけると、肌表面の化粧水と乳液が混ざり合ってしまいます。すると、化粧水は角質層に浸透することができなくなってしまうので、乳液をつけるときは化粧水がしっかり肌に馴染んだ後にしましょう。

化粧水が肌に馴染むとは?

化粧水を肌に馴染ませた後に乳液をつけることで、肌のうるおいを保つことができます。しかし、化粧水が肌に馴染んだかどうか、どうやって見極めたら良いのでしょうか。ひとつに、化粧水をつけた後に3分~5分ほど時間をあけることで、化粧水を肌に馴染ませるという方法がありますが、化粧水が角質層に浸透する時間には個人差があります。そのため化粧水が馴染んだかを確認するには、化粧水をつけた後に手のひらで肌を触ってみましょう。この時、手のひらに化粧水がつかなければ、肌に馴染んでいることになります。化粧水が肌に馴染んだら、その後に乳液をのせるようにしてください。

時間をかけずに乳液をつけたい場合には?

時間にゆとりがある場合には、化粧水が肌に馴染んだかどうかを確かめて、それから乳液をつけるというように、スキンケアに時間をかけることができます。しかし、忙しい朝などは、このような時間をとれない方も多いでしょう。こういった場合は、ハンドプレスで化粧水と肌表面を適度に温めることで、化粧水が角質層に浸透するのをサポートすることができます。それにより、乳液をつけるまでの時間を短くすることができます。

今まで、「乳液をつけるタイミングを意識していなかった」という方もいるかもしれません。
しかし、乳液をつける正しいタイミングを知ることで、よりスキンケアの効果を高めることができるのです。

Profile このコラムは私が担当しました!

徳永 真理

徳永 真理先生とくなが まり

シロノクリニック銀座

「手術をしない美容医療によって、美しくすることができる」ところに魅力を感じて、美容皮膚科へ。注入箇所・量、デザインの精密な見極めが要求される、ボトックスやヒアルロン酸注入を得意としています。シロノクリニックのリーダー的存在、全治療のエキスパートです。