レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

美容医療でたるみを改善! どんな治療法があるの?

公開日:2019/10/25 / 最終更新日:2019/10/25

牧野 輝美牧野 輝美先生

美容医療でたるみを改善! どんな治療法があるの?

セルフケアでなかなか改善できない肌のたるみには、美容治療が効果的です。とはいっても、たるみ治療にはさまざまな種類があり、症状によって適しているものも異なります。
今回はたるみの改善に効果的な治療法を、メリットやデメリット、選び方のポイントなどとあわせてご紹介します。

たるみを改善する治療法の種類・特徴

フェイスリフト手術

フェイスリフト手術は、こめかみから耳の後ろまでを切開し、皮膚を引き上げる外科治療です。顔全体のたるみに有効ですが、傷跡の目立ち、皮下出血や顔面内出血など、さまざまなリスクをともなうことがあります。医師の経験が問われるうえに費用がかかる施術ですから、安易に受けることはお勧めできません。

レーザーやラジオ波(高周波)、超音波による治療

レーザーやラジオ波、超音波によるたるみ治療は、特殊なマシンを使って真皮に熱エネルギーを与え、顔を引き締める施術です。種類によっては皮膚の下の筋膜に作用し、高いリフトアップ効果をもたらします。
高周波や超音波によるたるみ治療はメスを使わないので気軽に受けられますし、異物を注入しないため安全性が高いことが特徴です。多くの方が効果を実感し、現在ではたるみ治療の主流となっています。
ただし、目に見える効果が現れるまでには数か月の時間を要することもあります。また、持続期間は半年~1年のため、効果を維持したい場合は施術を定期的に受ける必要があります。

ボトックス注入

ボトックス注入は、筋肉の動きを鈍くするタンパク質を注射することで表情筋によるシワやたるみを改善します。ボトックスは4~6か月で体内に吸収・分解されるため、持続させるためには定期的に注入をくり返す必要があります。たるみの状態によってはボトックスが適さないこともあるので、事前に医師としっかり話し合うことが大切です。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を注入すると、その部分がふっくらと盛り上がります。目の下のたるみによって生じる黒クマや、ほうれい線の改善などに効果的です。
ヒアルロン酸注入はリスクが少なく、効果が出やすいことがメリットです。ただし、ヒアルロン酸もボトックスと同じく体内に吸収・分解されます。また、症状によっては適さないこともあるので、こちらも信頼できる医師と十分話し合いましょう。

たるみ治療で若々しくハリのある顔に

手術によるたるみ治療はリスクが大きいため、高周波・超音波機器による治療や、ボトックスやヒアルロン酸による注入治療がお勧めです。なお、いずれにしてもたるみが深刻化する前に治療を行うことが若々しさを保つポイントです。少しでも気になる症状があるなら、お気軽にクリニックまでご相談ください。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-96-5454