レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

美肌効果・便秘改善に! 魅力的な食材「おから」

公開日:2019/10/16 / 最終更新日:2019/10/16

牧野 輝美牧野 輝美先生

美肌効果・便秘改善に! 魅力的な食材「おから」

身近な食材のおからは、おいしくてヘルシーな女性に人気の食材です。
おからには、美肌や便秘改善など嬉しい効果がたくさんあり、普段の食事に摂り入れることで美容や健康に役立ちます。
今回は、おからの持つ美容、健康効果についてご紹介します。

おからの魅力

・大豆イソフラボンが美肌をつくる

おからの代表的な成分は「大豆イソフラボン」で、これには女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあると言われています。
エストロゲンは、コラーゲンの生成を促して潤いとつやのある肌をつくったり、血管を広げて血行を良くしたりする働きがあります。大豆イソフラボンにもこれと同じような効果を期待することができるので、美肌に効果的です。
また、大豆イソフラボンはポリフェノールの一種です。抗酸化作用があり、ストレスなどで体内に生まれた活性酸素の働きを抑制し、シワやシミを防ぐ効果があります。

・便秘解消に役立つ食物繊維がたっぷり

おからには「セルロース」と言われる食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類ありますが、セルロースは不溶性の食物繊維で腸に直接届き、ぜん動運動を活発にします。
また不溶性の食物繊維には、便の量を増やし、腸内にたまった毒素や脂肪分を吸着しやすくする効果があります。
さらにおからには「大豆オリゴ糖」も含まれており、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる効果もあります。

・ダイエットにも

おからには、脂肪の代謝を良くする「レシチン」と脂肪が蓄えられるのを防ぐ「サポニン」が含まれているため、ダイエットにも効果的です。特にサポニンには、抗酸化作用や免疫力向上、血流改善などの効果もあり、美容にも健康にも役立ちます。

■美容と健康に効くおからメニュー

・油の使い過ぎに注意

おからはモソモソとした独特の食感なので、滑らかにするために油分を多く使いがちですが、おからに油が吸収されやすいため、使いすぎないように気を付けましょう。しっとりとした食感にするには、だし汁や牛乳などの水分を多く入れるようにすると、おいしく仕上がります。
野菜やひじきと一緒に炒り煮にした「卯の花」やおからとひき肉を練って団子にした「おから団子」は、ヘルシーで腹持ちが良く、ダイエット食としてもお勧めです。

・おからパウダーを使うと便利

おからは水分を含んだままのものだと傷みやすく、日持ちしません。
最近では、スーパーやドラッグストアなどでおからを乾燥させた「おからパウダー」が販売されており、賞味期限が長く、常温で保存することができて便利だと人気です。スープのとろみ付けやカレー、シチューなどにふりかけて混ぜるなど、普段のメニューに摂り入れやすく、調理も簡単です。

おからは美容と健康に様々な効果があり、特に女性にお勧めの食材です。
おいしいだけでなく、美肌成分の「大豆イソフラボン」が肌のコンディションを整え、豊富な食物繊維が便秘を改善し、むくみの解消にも役立ちます。
ローカロリーでダイエット中の女性にも嬉しい効果がたくさんあるおからを、毎日の食生活に摂り入れてみてください。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-96-5454