レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

カサつきかゆみが気になる前に! 全身保湿で年中もちすべ肌に

公開日:2019/11/19 / 最終更新日:2022/05/12

牧野 輝美牧野 輝美先生

カサつきかゆみが気になる前に! 全身保湿で年中もちすべ肌に

冬になると、身体中が乾燥してしまい、顔だけでなくあちこちカサカサになってしまうという方は多いのではないでしょうか。
いつもは乾燥肌ではない方でも、冬だけはカサカサと全身がかさついてしまうことが少なくありません。

そこで、今回は冬の乾燥肌の原因と対策をご紹介します。
毎日ちょっと工夫して、冬でもモチモチすべすべ肌を手に入れましょう。

■冬の乾燥肌の原因とは

エアコンや電気ストーブなどの暖房器具を使うと、どうしても空気が乾燥してしまいます。それに加えて、冬は外気自体が乾燥しています。
東京の年間湿度の推移をみても、春から秋にかけての湿度に対し、寒い時期の湿度は明らかに低くなっていることがわかります。同様に最低湿度の平均値も、冬はぐっと下がることがデータとして出ています。
私たちの肌が冬季に乾燥してしまうのは、環境的に見ても仕方がないことなのです。かといって放置しておけば、乾燥が進みかゆみや炎症などに発展する可能性もあるので、早めにケアすることが大切です。

■冬に乾燥肌にならないための3つのセルフケア

冬の乾燥肌対策で重要なのは、「毎日のケア」を欠かさないこと、です。先ほどお話ししたように、冬は室内も屋外も乾燥しているので、ケアしなければあっという間に肌の水分が奪われて乾燥肌になってしまいます。
ここでは毎日続けられる簡単ケアをご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

【お風呂は39度40度が基本】

熱いお湯は肌の表面の皮脂を奪い乾燥肌を助長させるので、冬は乾燥肌になりやすい方はぬるめのお風呂に長くても15分程度つかるようにしましょう。42度を超えるような熱いお湯に浸かると、肌が乾燥するだけでなくかゆみまで発生する可能性があります。

【お風呂あがりは5分以内に全身保湿を】

冬の乾燥肌ケアで一番重要なのは、保湿です。女性は、お風呂上がりに顔の保湿ケアは毎日欠かしませんが、ボディの保湿は忘れがち。忙しい日常の中でルーチンが増えてしまうのは大変かもしれませんが、必ず毎日お風呂上がり5分以内に保湿しましょう。ボディ用のボディバターやボディクリームだけでもよいですが、化粧水や乳液も併用すると高い保湿効果が得られます。

【寝室を必ず加湿】

人間は1日の3分の1から4分の1を寝室で過ごします。日中、職場や屋外を十分な湿度に保つことはほぼ不可能です。
ところが、寝室だけであれば湿度をしっかりコントロールできます。加湿器等を使って、寝室の湿度を60%前後に維持するようにしましょう。
加湿器等がない場合は、大きめのバスタオルをしっかりと濡らして干しておくだけでも、湿度は上昇します。

冬は大気が乾燥しているためどうしても肌が乾燥してしまいますが、毎日ケアを続けることでモチモチすべすべの肌を維持することができます。毎日正しくケアをして、潤い肌を手に入れましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

牧野 輝美

牧野 輝美先生まきの てるみ

シロノクリニック横浜

穏やかな性格から、笑顔を絶やさず、お悩みを丁寧に聞く姿勢を大切にしている。レーザーだけでなくスキンケアにも精通。鏡を見るのが楽しみになるような、お一人おひとりの魅力を引き出す治療をご提案します。

牧野 輝美先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック横浜院

シロノクリニック横浜院

〒220−0011

神奈川県横浜市西区高島2-19-12スカイビル 16F

0120-965-454