レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

部位別に見るメンズ脱毛の基礎知識 足編

公開日:2016/07/08 / 最終更新日:2020/12/23

城野 親徳城野 親徳総院長

部位別に見るメンズ脱毛の基礎知識 足編

この記事の目次

  • 足の毛に悩む男性
  • 足の毛を自分で処理する際の注意点
  • 自己管理が難しそうな場合には専門院に相談

足の毛に悩む男性

元々足の毛は、寒さや外傷、衝撃などから身体を守る役割がありました。しかし、現代では必要以上に濃い足の毛を「不潔」と捉える人もおり、身だしなみの一貫として足の毛を脱毛する男性もいます。
脚の中でも、特にすねの毛は、毛の密度が高い部分です。すねは半ズボンや水着など足が露出されるため、男性の悩みの種になることも。

足の毛を自分で処理する際の注意点

足のセルフケアは、カミソリや脱毛クリームを使った方法です。それぞれの注意点をご紹介しましょう。

1.カミソリを使った処理方法
カミソリを使用した処理は、入浴中にも行えます。男性の足の毛質は固く、長いため、カミソリの刃に毛が絡まりうまく剃れないケースもあります。 そのため、カミソリで処理を行う前には、はさみで1cm程度の長さまで足の毛をカットしておきましょう。毛が短くなることで、スムーズに剃ることができます。

2.脱毛クリームを使った処理方法
足の気になる部分に塗り、数分後にふき取る(もしくは洗い流す)方法です。脱毛クリームは、薬液を直接肌に塗布するため、肌質によっては痒みや発疹などの肌トラブルを起こすリスクがあります。そのため、初めて脱毛クリームを使用する際には、太ももでパッチテストを行いましょう。

カミソリ、脱毛クリームいずれの場合でも、処理後はお肌が乾燥し、傷つきやすくなっています。そのため、処理後は保湿を忘れずに行いましょう。

自己管理が難しそうな場合には専門院に相談

足の毛の処理を自分で行う場合には、自己管理のもと継続して処置を行う必要があります。また、敏感肌や乾燥肌等の場合には、自己処理によって肌のトラブルを引き起こしてしまうことも。

また専門院での脱毛は、全ての毛を無くすのではなく、毛の生えている密度を低くし、薄く見せることも可能です。自己管理が苦手な方や、自分の肌質や体質に悩みや不安がある方は、エステサロンや医療機関などの専門院で、足の脱毛を検討しましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422