レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

髭のレーザー脱毛とその効果

公開日:2016/07/23 / 最終更新日:2020/12/23

城野 親徳城野 親徳総院長

髭のレーザー脱毛とその効果

この記事の目次

  • 髭を脱毛するための方法
  • 光脱毛のメリット・デメリット
  • レーザー脱毛のメリット・デメリット
  • 目的に合わせて髭の脱毛方法を選びましょう

髭を脱毛するための方法

「朝、髭を剃っても、夕方頃にはまた生えてきてしまう…」「清潔なイメージにしたいのに、髭が邪魔をしてしまう」など、髭に纏わる男性の悩みは様々です。

髭のお手入れは、カミソリや電気シェーバー、毛抜きなどを使用した方法が主流ですが、繰り返し除毛や脱毛を行わなければなりません。髭の濃さや生えるスピードによっては、毎日行う必要もあり、肌を傷つけてしまうことも…。今回は、肌に負担の少ない「光脱毛」と「レーザー脱毛」をご紹介します。

光脱毛のメリット・デメリット

光脱毛は、別名「フラッシュ脱毛」や「IPL脱毛」「I2PL脱毛」とも呼ばれ、自分で脱毛する際やエステサロンで主に行われる脱毛方法です。一度に照射できる範囲が広いため、面積の広い部位も短時間で行うことができます。また、痛みが少なく、脱毛にかかる費用が安いことが魅力です。しかし、光脱毛は脱毛効果が弱いため、永久脱毛は不可能であること、日焼けした肌では脱毛効果が得られないことなどがデメリットとして挙げられます。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

レーザー脱毛は、出力の高いレーザーを使用し、毛が生える原因である毛母細胞の組織を破壊する脱毛方法です。 敏感肌の方の場合でも施術を受けることができ、レーザー照射を受けた髭は永久的に脱毛できることがメリットとして挙げられます。

デメリットとしては、脱毛に必要な費用が高いこと、レーザー脱毛を受けられるのは医療機関でのみであるため、施術場所が限られてしまうことが挙げられます。

目的に合わせて髭の脱毛方法を選びましょう

光脱毛、レーザー脱毛、どちらも「髭を脱毛する」という目的は同じですが、それぞれメリットやデメリットがあります。自分の目的に合わせて、髭の脱毛方法を選びましょう。

自分に合った脱毛方法が分からない場合には、クリニックやサロンで行われているカウンセリングをまずは受けて検討してみるのも一案です。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422