レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

毛穴の黒ずみの予防方法

公開日:2016/09/30 / 最終更新日:2020/12/18

城野 親徳城野 親徳総院長

毛穴の黒ずみの予防方法

この記事の目次

  • 毛穴の黒ずみは2タイプ
  • 毛穴の汚れを落として毛穴の黒ずみを防ぐ
  • 皮脂を正しく取り除きましょう
  • 色素沈着が原因の黒ずみ予防法
  • 食生活で毛穴の黒ずみ予防

毛穴の黒ずみは2タイプ

鼻や頬に黒い点のように目立ってみえる毛穴の黒ずみ。この黒ずみは大きく分けて「毛穴につまった汚れ」と「色素沈着」の2つの原因に分けられます。
今回はその原因別予防法について詳しくご説明しましょう。

毛穴の汚れを落として毛穴の黒ずみを防ぐ

皮脂汚れが原因の毛穴の黒ずみには、毛穴の中に皮脂汚れを溜めないスキンケアが大切です。特に毎日メイクをする方は、夜のメイク落としを忘れずに。一日中ファンデーションがついたままの肌は皮脂と化粧成分が混ざり、毛穴に汚れが溜まった状態です。帰宅後は疲れていてもメイクを必ず落としましょう。皮脂を正しく取り除きましょう

Tゾーンの皮脂分泌が多い方は、毛穴に皮脂がたまることを防ぐ必要があります。皮脂を取り除くには、清潔なハンカチやタオルを肌表面に優しくあて、余った皮脂だけ取り除きましょう。あぶら取り紙は、必要な皮脂の潤い成分まで取り去ってしまい、皮脂分泌を加速させてしまう可能性があるため、控えましょう。

色素沈着が原因の黒ずみ予防法

毛穴の色素沈着による黒ずみの原因は紫外線ダメージです。毛穴のくぼみにたまった皮脂が、紫外線の影響を受け色素沈着を起こす原因になります。毛穴の色素沈着を予防するためには紫外線から肌をガードすることが重要です。

紫外線は夏場や晴れた日だけでなく年中降り注いでいるため、日頃から日焼け止めは忘れずに使用しましょう。

食生活で毛穴の黒ずみ予防

肌のバリア機能を高めるためには、毎日の食事で肌のバリア機能を高める、ビタミンA・C・Eをバランスよく摂り入れましょう。
ビタミンAは魚介類や卵黄、緑黄色野菜、ビタミンCは果物類、ビタミンEは豆類に多く含まれています。毎日の食事で意識的に摂り入れるようにしましょう。

毛穴の黒ずみは、皮脂分泌過多による皮脂汚れと色素沈着が原因であるため、毛穴の黒ずみ予防には皮脂分泌を正常化し、肌のバリア機能を高めることが重要です。毎日のスキンケアや食生活で、黒ずみケアを行い、透明感のある赤ちゃん肌を目指しましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422