レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

目の下のたるみを解消するエクササイズ 目の下のたるみ

公開日:2016/10/31 / 最終更新日:2020/12/18

城野 親徳城野 親徳総院長

目の下のたるみを解消するエクササイズ 目の下のたるみ

この記事の目次

  • 目の下のたるみは老化現象のひとつです
  • 目の下の筋肉をエクササイズ
  • 目の周りの筋肉をエクササイズ
  • エクササイズ時に気をつけたい点は?

目の下のたるみは老化現象のひとつです

目の下のたるみの原因である「老化」。私たちの身体は、年齢を重ねる毎に筋力が低下し、皮膚のハリ成分が減少することで、さまざまな部位にたるみが生じます。

特に、目の下は他の部位に比べ、皮膚が薄く柔らかいために、たるみが起こりやすい部位。目元は年齢の現れやすい部分でもあるため、今回は「いつまでも美しくありたい!」そんな女性の思いを叶えるべく、目の下の老化予防エクササイズをご紹介します。

目の下の筋肉をエクササイズ

普段使われにくい目の下の筋肉を使うことで、目の下のたるみを改善するエクササイズです。

  • 1. 人差し指を下まぶたにそっとある
  • 2. 下まぶたを上まぶたに近づけるようなイメージでまぶたを閉じる
  • 3. 目を閉じた状態を10秒間キープ(下まぶたに力が入った状態)
  • 4. 1~3を左右一緒に10回繰り返す

人差し指で下まぶたの筋が動いているかを確認しながら行いましょう。最初は目が閉じなくても、筋肉が使われていると感じられればOK。まぶたを指で下げ過ぎると逆効果になってしまうので注意が必要です。

目の周りの筋肉をエクササイズ

目を前後左右に動かすだけのお手軽エクササイズです。目の周りの筋力アップに効果があります。

  • 1. 人差し指を立てて目の前にかざします
  • 2. 左まゆ→右まゆ→あご→右ほほ→左ほほの順番に指を移動させ、目で指の動きを追います。
  • 3. 毎日10回×3セットを行う

背筋を伸ばし、まっすぐ前を向いて行うのがポイントです。また一定のリズムで目を動かすことによって、脳内で「セロトニン」の分泌が活性化するため、疲労回復や肥満、うつ病の予防も期待できるエクササイズです。

エクササイズ時に気をつけたい点は?

目の下のエクササイズは、すぐに結果がでるわけではありません。効果をだすためには、毎日の習慣としてコツコツ積み上げていくことが大切です。
今回紹介したエクササイズは、場所を選ばず、道具も必要ないため、ちょっとした時間に実践することができます。また、お仕事の合間に行うことでリフレッシュもできるので、上手に時間を見つけてエクササイズをしましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422