レーザー治療・エイジングエア専門の美容皮膚科シロノクリニック

目の下のたるみとくまの違い

公開日:2016/11/02 / 最終更新日:2020/12/18

城野 親徳城野 親徳総院長

目の下のたるみとくまの違い

この記事の目次

  • 目の下のたるみとくま。Wの効果で老け顔に・・・
  • たるみとくまの違いは?
  • たるみが原因で起こる「影くま」をご存知ですか?
  • たるみと影くまはセルフケアで予防
  • たるみと影くまを一度に解決するヒアルロン酸注入法とは?

目の下のたるみとくま。Wの効果で老け顔に・・・

私たちは目と目を見てコミュニケーションをとっています。そのため、目の周りの印象があなた自身のイメージに大きく影響を与えています。
目の下もまた例外ではありません。目の下のたるみやくまによって、実年齢よりも老けてみられることも多いのです。

たるみとくまの違いは?

「たるみ」と「くま」どちらも目の下に生じるものですが、その違いはそれぞれが発生する「原因」にあります。
目の下の「たるみ」は、目の周りの筋肉が衰えることによって、下まぶたの皮膚が重力に従って垂れ下がってしまうことで生じます。
一方目の下の「くま」は、下まぶたに何らかの「色素沈着」が起こっている状態です。

たるみが原因で起こる「影くま」をご存知ですか?

たるみによる「影」が、くまを出現させてしまうことも。「影」の発生機序には2つのパターンあります。
1つは、目の周りの脂肪が減り、皮膚がたるみ「目の下の骨が浮き出て」影ができるケース。
そしてもう1つは、目の下の皮膚を支えている筋肉の筋力低下によって「涙袋がたるみ」影ができるケースです。これらのくまは総称して「影くま」と呼ばれています。

たるみと影くまはセルフケアで予防

目の下たるみと影くまの原因はズバリ「肌の老化」。肌は乾燥が一番の敵です。乾燥を防ぎ肌の老化を阻止するには日々のスキンケアがとても重要。化粧水で十分に水分を与え、乳液やクリームでしっかりと潤いを閉じ込めましょう。また、皮膚のたるみを予防するためは「表情筋のトレーニング」も効果的です。

【簡単な表情筋のトレーニング】
声は出さずに「あ・え・い・お・う」と口を大きく動かします。一語一語ゆっくりと口を動かし、あごに違和感のある場合は様子を見ながら、無理をせず継続的に行いましょう。

たるみと影くまを一度に解決するヒアルロン酸注入法とは?

たるみやくまは、セルフケアの予防や改善法にも限界があり、元のふっくらした目元に戻すことは難しいもの。そこで注目されている治療方法が美容外科での「ヒアルロン酸注入法」です。

ヒアルロン酸を直接注入することで、目の下にハリを取り戻し、たるみと影くまを同時に治療していきます。
注入直後から目の下がふっくらとし、即効性があります。

美容外科では無料のカウンセリングを設けている場合が多いため、興味のある方は一度相談してみましょう。

Profile このコラムは私が担当しました!

城野 親徳

城野 親徳総院長しろのよしのり

シロノクリニック恵比寿

皮膚科領域のレーザー治療について、国内屈指の症例数を持つ、美容レーザーのパイオニア。 ドクターズコスメを開発・提供する株式会社ドクターシーラボ創設者・名誉会長・商品開発顧問でもあります。

城野 親徳先生の治療が受けられるのはこちら

シロノクリニック恵比寿院

シロノクリニック恵比寿院

〒150−0012

東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F

0120-11-4422